logo

TI Automotiveがベインキャピタルによる買収に正式合意

TI Automotive 2015年01月28日 14時50分
From 共同通信PRワイヤー

TI Automotiveがベインキャピタルによる買収に正式合意

AsiaNet 59312(0126)

【オーバーンヒルズ(米ミシガン州)2015年1月27日PRN=共同通信JBN】
*買収によって経営体制が安定し、ビジネスが広がり、技術に投資

*現経営チームが引き続きTI Automotiveを率いる

自動車メーカーに流体貯蔵・移送・分配システム製品を供給する大手プロバイダー、TI Automotiveは27日、国際的なプライベート・インベストメント・ファームのベインキャピタル(Bain Capital)に買収されることで正式合意したと発表した。TI Automotiveの現経営陣は留任する。買収の金銭的条件は明らかにされていない。

TI Automotiveは本社がミシガン州オーバーンヒルズ。世界の主要市場の29カ国に施設がある。高度に多角化された自動車部品サプライヤーで、その製品ラインは市場で大きな地位を占める。TI Automotiveは自動車流体管理に幅広く独自に特化し、世界に供給する主要製品には流体移送システム、タンクシステム、ポンプ・モジュールシステム、HVAC(冷暖房空調)流体システム、パワートレイン部品が含まれる。

TI Automotiveのビル・コズイラ社長兼最高経営責任者(CEO)兼会長は「ベインキャピタルがTI Automotiveに投資してビジネスが広がり、顧客のために高品質で安全かつ重要な流体システムを製造するという最高の業務に、わがチームが専念できることは大変うれしい。ベインキャピタルはTI Automotiveの事業を深く理解し、世界の自動車産業での成功事例はよく知られている。同社との提携に期待している」と述べた。

ベインキャピタルのマネジングディレクター、トッド・クック氏は「TI Automotiveは革新的なエンジニアリング、幅広い実績、品質への強いこだわりを併用して、顧客のニーズに極めてうまく対応している市場をリードする企業である。ビルやTI Automotiveの経営チームと力を合わせ、同社を次の成長段階へ押し上げることに尽力したい」と語った。

ベインキャピタルはTI Automotiveへ投資済みで、条件に縛られない。買収成立にはTI Automotive株主の承認が必要だが、大多数の株主は買収に賛成を表明している。買収手続きは規制当局の審査などを経て、2015年半ばには完了する見通し。

今回の買収協議ではTI AutomotiveにWeil, Gotshal & Mange LLPが法的助言をし、Blackstone Advisory Partnersがフィナンシャルアドバイザーを務めた。TI Automotive株主の特別グループへの法務アドバイザーはLatham & Watkins LLP。ベインキャピタルのフィナンシャルアドバイザーはゴールドマン・サックスとUBS証券、法務アドバイザーはRopes & Gray、会計アドバイザーはPWC。TI Automotive取締役会の非常勤取締役にはラザードが助言した。

▽TI Automotiveについて
TI Automotiveは高度に多角化された自動車部品サプライヤーで、その製品の大多数は市場で大きな地位を占める。TI Automotiveは自動車流体管理に幅広くまた独自に特化し、世界に供給する主要製品には流体移送システム、タンクシステム、ポンプ・モジュールシステム、HVAC(冷暖房空調)流体システム、パワートレイン部品が含まれる。ほかに例を見ない収入の多様性、世界に広がる低コスト態勢、受賞歴のある技術、将来の規制要件を見据えた製品開発、最適な垂直統合水準、経営チームの優れた業績改善などで強みを発揮している。詳しい情報はリンク を参照。

▽ベインキャピタルについて
ベインキャピタル(www.baincapital.com )は国際的な先端プライベート・インベストメント・ファームで、プライベートエクイティやベンチャーキャピタル、上場株、金融商品、アブソルート・リターンなどで約800億ドルを運用している。400名を超える専門家は全体ではあらゆるファンドの中で最大規模の単一投資家集団で、ポートフォリオ企業への投資や強化に努めている。1984年の創業以来、世界中で数百社へのプライベートエクイティ投資や成長・ベンチャーキャピタル投資を行い、産業分野でも豊富な実績を持つ。主な投資先企業はSensata Technologies、FTE Automotive、Trinseo SA、ASIMCO、Hero MotoCorpなど。ボストン、ニューヨーク、シカゴ、パロアルト、ロンドン、ミュンヘン、ダブリン、ルクセンブルグ、東京、上海、香港、ムンバイ、メルボルンに事務所がある。

ソース:TI Automotive

▽問い合わせ先
For TI Automotive:
Frank Buscemi
Global Communications Director
+1 248-494-5417
fbuscemi@us.tiauto.com

For Bain Capital:

U.S. Media:
Alex Stanton
Stanton Public Relations & Marketing
+1 212-780-0701
astanton@stantonprm.com

European Media:
Ed Gascoigne-Pees
Camarco
+ 44 (0)20 3757 4984
ed.gascoigne-pees@camarco.co.uk

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。