logo

平成26年度省エネ大賞において当社商品が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞

ダイキン工業株式会社 2015年01月28日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年1月28日

ダイキン工業株式会社

平成26年度省エネ大賞において
冷暖フリービル用マルチエアコン『Ve-up IVR』シリーズが
「省エネルギーセンター会長賞」を受賞

ダイキン工業株式会社の冷暖フリービル用マルチエアコン『Ve-up IVR(ヴィアップフォーアール)』シリーズが、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成26年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。当社の省エネ大賞受賞は、平成24年度のルームエアコン『うるさら7』、『業務用空調機に対する節電ソリューションの取組み』、平成25年度の店舗・オフィス用エアコン『FIVE STAR ZEAS』シリーズ、住宅用エアコン付床暖房『ホッとく~る』に続いて、3年連続となります。
省エネ大賞は、国内の企業、工場、事業場、グループおよびこれらを支援する企業の優れた省エネ活動や先進省エネ製品、ビジネスモデル等を表彰することで、省エネ意識の浸透、省エネ製品の普及促進等に寄与することを目的としたものです。
「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した『Ve-up IVR』シリーズは、1つの冷媒系統で冷房と暖房を同時に運転することができるビル用マルチエアコンです。近年、OA機器や日射の影響で空調負荷が変化するオフィスビルや、部屋毎に用途の異なるテナントビル、ホテル等で、冷房と暖房を同時に運転できる空調機の採用が増加しています。空調機がビル設備における消費エネルギー全体の約4割を占める中、空調機に対する省エネニーズに応える革新的な製品として本製品が高く評価され、今回の受賞に至りました。
本製品は、室外ユニットの熱交換器1面を凝縮器と蒸発器に分ける上下2分割構造を採用しました。冷房運転時の排熱を暖房運転で効率的に利用することができます。凝縮器と蒸発器を1面ずつ使用していた従来機に比べて、ロスの少ない最適な運転が可能です。また、冷暖房同時運転時に必要な能力に応じた最適な比率で熱交換器を凝縮器と蒸発器に分割し、熱回収効率が最大20%向上しました。これにより、冷暖房同時運転時のエネルギー消費効率(COP)7.4を達成しました。さらに、省エネチューニング機能により、冷房時では約10%の消費電力を削減します。
なお、受賞製品は、1月28日~1月30日に東京ビッグサイトで開催される「ENEX2015」のダイキンブースにて展示する予定です。
当社は今後も省エネ性、環境性に優れた技術を追求し、快適性との両立が可能な、グローバルに通用する商品・サービスの開発に取り組んでまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。