logo

「いばらき高齢者優待制度ウェブサイト」を公開致しました。

~メールマガジン登録者の約70%が60代以上!シニア層の利用状況が好調~

株式会社アイテックジャパン(itecjapan Co. Ltd. 東京都港区、代表取締役:飯田幸彦 リンク )は、茨城県の高齢者向け制度「いばらき高齢者優待制度」の開始に合わせて、2014年11月25日に自社開発のモバイル用高機能CMS&ビジネスツール「KAM」(ケータイ・アド・マーケティング SaaS版)を利用したマルチデバイス向けウェブサイト「いばらき高齢者優待制度ウェブサイト」を公開致しました。

制作 株式会社アイテックプラス(茨城県水戸市、代表取締役:滝江智 リンク
クライアント 茨城県 保健福祉部 長寿福祉課 長寿企画・援護グループ

サイト内ではKAMの代表的な機能を利用して、次のようなコンテンツを公開しております。
・コンテンツデータベースを利用した、制度協賛店の登録、変更依頼、削除フォーム
・コンテンツデータベース検索系機能を利用した各種協賛店舗検索、配布窓口の市町村別検索
・登録者向けメールマガジン(開封確認機能実装済)
・ニュースボード機能を利用した新着情報 他

~高齢者向けサイトに最適な表示のために~
高齢者の閲覧が数多く見込まれるため、トップページをはじめとした各ページにおける「辿りつきたい情報への入り口の分かりやすさ」が重要とされたため、完全ワンソースマルチデバイス(1URL)でパソコン・スマートフォン・タブレット・モバイル全ての端末から、それぞれの端末に最適化したレイアウトでご覧頂けます。

~安心して大容量データを管理~
協賛店は日々登録が増えることが予想されるため、データは全てコンテンツデータベースでの管理となります。
サイト管理者の登録作業等の負担軽減のため、協賛したい店舗担当者がウェブサイトを通して協賛店登録し、サイト管理者が登録された内容を検閲後任意の公開日に公開するというフローの消費者生成メディア(CGM)となっております。

~シニア層の利用状況が好調~
・協賛店の登録数
1627件(2015年1月9日現在)
・アクセス状況
制度開始の2014年12月の全アクセスは14万件。
端末別アクセス状況に特色があり、他の全年齢向けサイトに比べて「らくらくスマートフォン」「シンプルスマホ」などの高齢者向けスマートフォン、タブレットがアクセスの上位にランクイン。
・メールマガジン登録状況
登録総数全体のおよそ50%が60代。次いで70代がおよそ20%。
他の全年齢向けサイトに比べて高齢者の登録が圧倒的に多い。


=================================
■いばらき高齢者優待制度について
茨城県では、高齢者の皆さんに積極的に外出していただき、健康増進や引きこもり防止につなげるため、優待カード(いばらきシニアカード)による高齢者優待制度を、平成26年12月1日から実施しています。協賛店舗に優待カードを提示することで、料金割引やポイント加算などの特典を受けることができます。
「いばらき高齢者優待制度」ウェブサイト
リンク
=================================
■KAM(ケータイ・アド・マーケティング)について
KAMは、1つのシステムで、携帯サイト作り、携帯広告解析、携帯マーケティング分析、モバイルコマース、独自検索エンジン構築機能、携帯をPCの1つのコンテンツで管理するPCスタイル、サーバセキュリティ、システムの脆弱性対策などを提供するSaaSシステム。
=================================

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事