logo

MOS 累計受験者数350万人、マイクロソフト オフィス マスター7万人突破

社会人に必須の業務ソフトのスキルを証明



株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ(東京都千代田区 代表取締役:出張勝也)が実施・運営するマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の累計受験者数が350万人、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスターが7万人を突破しました。

[画像: リンク ]


■ マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
累計受験者数が350万人を突破した人気の資格です。企業で使われているワード、エクセル、パワーポイントなどを使いこなすスキルは、業界や職種を問わず“仕事に役立つ実務能力”として様々な企業で求められています。採用いただいた企業においては、「事務処理が速く、正確になった」、「より説得力のある資料が作成できるようになった」と資格取得の効果を実感いただいております。一方、履歴書に書ける資格として、学生や再就職を目指す社会人の取得も増えています。
MOS公式サイト:リンク
企業・教育機関の活用事例:リンク

■ マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター
マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下:マイクロソフト オフィス マスター)は、Microsoft Officeの同一バージョン(Office2013、Office 2010、Office 2007)のなかで、規定の4つの試験に合格したすべての方に贈られる称号です。複数のアプリケーションソフトの総合的なスキルを証明するマイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。
マイクロソフト オフィス マスターについて:リンク

■ 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズについて
MOSをはじめ、IC3(アイシースリー)、VBAエキスパート、マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA)、アドビ認定アソシエイト(ACA)といった各種IT資格試験の実施・運営を行っています。その他、自社オリジナルの試験配信システムOdyssey CBTを使った資格試験の運営(コンタクトセンター検定試験、Rails技術者認定試験 等)、ITスキルの向上をサポートするaoten(アオテン)やmoug(モーグ)といったウェブサイトを運営しています。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。