logo

ピュア・ストレージ、新日鉄住金ソリューションズと 販売パートナー契約を締結

クラウド・仮想化環境において、データベースとの確かな連携によるシステム基盤を 高い技術力で提供

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社(日本法人:渋谷区桜丘町 代表取締役:山田秀樹)は本日、新日鉄住金ソリューションズ株式会社(東京都中央区新川 代表取締役社長:謝敷宗敬、以下NSSOL)とリセラー契約を締結したことを発表しました。同社はピュア・ストレージにとり、国内では7社目のリセラーとなり、他の6社、及び国内一次販売代理店を務める東京エレクトロン デバイス株式会社と共に、ピュア・ストレージの持つオール・フラッシュ・ストレージ製品及び技術を、ソリューションとして顧客企業に提供する強力な推進力となります。

オール・フラッシュ・ストレージはこれまで、ディスク・ストレージやハイブリッド・ストレージ等と比較され、プラットフォームの違いによる性能や用途の比較をされることが多くありました。しかし、今後は顧客企業にとり、オール・フラッシュ・ストレージがクラウドや仮想化環境での最適なシステムを構築するためのソリューションの要素技術として検討されることが一般的となっていきます。そのため、いかに最適なシステムを提案・構築でき、運用・保守のコストや負荷を減らせるかが差別化ポイントとなってきます。

このような中、NSSOLはミッション・クリティカルな環境をクラウドに移行するIaaS構築サービス、「absonne(アブソンヌ)」「M3DaaS(エムキューブダース)@absonne」を始め、クラウド及び仮想環境構築に関し高い知見と技術力を有し、データベース構築技術についても国内で有数の専門性を持っています。そのような企業をピュア・ストレージの販売パートナーとして迎えることにより、ピュア・ストレージの製品及び技術を、より可用性・信頼性・柔軟性に優れたクラウド環境での企業のITシステム構築の基幹要素とすることが可能になりました。

更に、NSSOLではピュア・ストレージのオール・フラッシュ・ストレージ製品を自社のVDI環境基盤として2014年9月より導入しています。従業員向け約2,300台分のVDI環境を支えるストレージとして、ストレージ高負荷時でもストレージ側の遅延を1ミリ秒以下に抑える高いパフォーマンスと、インラインでの重複排除とデータ圧縮による6.5倍のデータ削減率を実現し、安定したVDI環境を構築しています。

今後ピュア・ストレージでは、高いシステム構築力により、提案、設計及び構築、保守メンテナンスなどを一貫して提供できるNSSOLを販売パートナーとして迎えることで、日本市場においてよりミッション・クリティカルな環境でのオール・フラッシュ・ストレージ製品の導入を目指していきます。

・今回の契約締結に関する新日鉄住金ソリューションズ株式会社からのコメント
「この度、新日鉄住金ソリューションズはピュア・ストレージに関する取扱いを開始致しました。
企業システムにおいては、高い信頼性・柔軟性に加え、優れたコストパフォーマンスが要求されています。
ピュア・ストレージは、これらの課題解決を実現することのできる先進性を有するオール・フラッシュ・ストレージ製品であると、弊社では認識しております。

今後は、弊社の仮想デスクトップサービスM3DaaS@absonneやデータベース・ソリューションにおけるストレージ・ラインナップの中にピュア・ストレージを加え、その価値をお客様に提供していく方針です。
ピュア・ストレージ社とのパートナーシップに基づくオール・フラッシュ・ストレージに関する弊社の新たな取り組みに御期待下さい。」

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
取締役 上席執行役員 ITインフラソリューション事業本部長 大城 卓

新日鉄住金ソリューションズについて
高度な信頼性と業務知識が求められる製鉄現場のシステムを長年にわたって支え続けてきました。そこで培われたノウハウをもとに、私たちはさまざまな分野で、新しい価値創造にチャレンジし続けています。
情報技術のプロフェッショナルとして真の価値の創造により、お客様との信頼関係を築き、ともに成長を続け、社会の発展に貢献していきます。

ピュア・ストレージについて
企業向けオール・フラッシュ・ストレージ・ベンダであるピュア・ストレージは、データセンターでのフラッシュの幅広い導入を可能にします。
従来のディスク型ストレージアレイと比較した場合、Pure Storage FlashArray製品は10倍高速かつ、スペース効率、電力効率も10倍優れています。価格の面でも、ディスク・ベースのギガバイトあたりの単価よりも安価に提供することが可能です。
Pure Storage FlashArray製品は、サーバー仮想化やデスクトップ仮想化(VDI)、データベース(OLTP及びリアルタイム分析)、及びクラウド・コンピューティング等の高いパフォーマンスが必要な環境に最適です。
詳細情報は、www.purestorage.comにてご覧いただけます。

以下サイトでもピュア・ストレージに関する情報をご覧いただけます。

・Twitter: www.twitter.com/PureStorageJP (日本語)
・Facebook: リンク (日本語)
・ブログ: リンク (英語)
・YouTube: I Want Flash, All Night Long(リンク)
       You Know You Want Flash, Right?(リンク)

Pure Storage 及び “P”ロゴマーク、 Purity Operating Environment, RAID-3D はピュア・ストレージの登録商標です。ピュア・ストレージは他社のマーク及び名前におけるあらゆる独占所有権を拒否します。
NSSOL、absonne、M3DaaSは、新日鉄住金ソリューションズの登録商標です。本リリースにおける他の登録商標及び名称の所有権は所有者に属します。

■本件に関する報道関係者お問い合わせ先:
ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 広報担当 阿部 恵史
電話:03-5456-5699
E-mail:pr-japan@purestorage.com

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 広報代理店
担当:小野寺、峰松、仙場
電話:03-3571-5236 FAX:03-3574-9364
E-mail:purestorage-pr@kyodo-pr.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。