logo

バリオセキュア、マネージドサービスを刷新し、2月1日より新VSRによるサービス提供を開始

バリオセキュア株式会社 2015年01月20日 11時00分
From DreamNews

バリオセキュア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 稲見 吉彦)は、マネージドセキュリティサービスを刷新し、2月1日より新VSR-VarioSecure Routerによるサービス提供を開始することを発表いたします。
この度のVSRの刷新では、新機能追加や既存機能の見直しによるサービスの強化を実現し、エンドユーザの利便性や、セキュリティレベルの向上に貢献します。


■マネージドセキュリティサービス新機能

新規追加機能
・Amazon VPC接続 ※2月16日より納品開始
・ルータ:DHCPリレー/Static Multicast Routing
・ファイアウォール:国別コード/時刻/FQDN
・ホットスタンバイ:セッション引継ぎ
・ウィルスプロテクション新エンジン
・L7ロードバランサ:Transparent Proxy対応
コントロールパネル機能追加
・ インターフェイスIPアドレス表示
・ ウィルスプロテクション(Web/HTTP)ブロックログ表示
・ URLフィルタ ブロックログ表示




新機能の1つとして2月16日よりサービス提供開始となる「VPN for Amazon VPC」は、アマゾン ウェブ サービス*の提供するAmazon Virtual Private Cloud(以下Amazon VPC)に対し、Layer 3 でのVPN接続を可能にし、最大8つの異なるリージョンとのVPN環境を構築します。また、クラウドサーバにローカルIPアドレスを設定することで、社内サーバと同様のアクセス環境をAmazon VPCに対しても確保可能となります。
*Amazon Web Services, Inc.が提供するクラウドサービス




また、最上位機種としてラインナップに追加されたVSR5001j10G4は、エンタープライズ市場でのマネージドセキュリティサービスへのニーズに対応し、10G SR/LR 4ポートを搭載したハードウェアをサービス専用機器として提供することで、導入から運用・保守負担を一括して軽減するサービスとしてのご利用を実現します。





バリオセキュアでは、マネージドセキュリティサービスへの継続したネットワーク・セキュリティ機能の追加や、ハードウェア、サービス面での強化を図り、さらに充実したセキュリティサービスの提供に努めてまいります。



《バリオセキュア株式会社について》
バリオセキュアは、多様なセキュリティ機能を実装したセキュリティアプライアンス機器「VSR-VarioSecure Router」の製造ならびに VSR を使用したマネージドセキュリティサービスの提供と、UTM 機器「VCR-Vario Communicate Router」の販売を行っています。米国に本社を持つコンピュータセキュリティ監査の最大手である ICSA の Firewall 認定を取得している国内メーカーとして、また、多様なセキュリティソリューションを提供するソリューションプロバイダとして、お客様のニーズにいち早く対応し、常に先進のセキュリティ/ネットワークソリューションをご提供する企業を目指します。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア株式会社 
住所   :東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
TEL   :03-6416-5080(平日9:00~18:00)
E-mail  :pr@variosecure.net
Webサイト:リンク

以 上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。