logo

amba台北中山ホテルが市中心部に近くオープン スタイリッシュで環境にやさしいデザイン

amba Hotels & Resorts 2015年01月20日 10時35分
From 共同通信PRワイヤー

amba台北中山ホテルが市中心部に近くオープン スタイリッシュで環境にやさしいデザイン

AsiaNet 59202(0074)

【台北2015年1月20日PRN=共同通信JBN】アンバサダー・ホテルズ&レストラン(Ambassador Hotels & Restaurants)傘下第2のambaホテル、amba台北中山(amba Taipei Zhongshan)が2015年春ごろにオープンする。1年半かけた歴史的建造物の改修を終えて、15日に最後の足場が取り外され、台北中心部にある片道3車線の中山北路に面して巨大なポップアート壁画のあるスタイリッシュな新ビルが姿を現した。

この地区の新しい流行スポットとなる、amba台北中山は全館で利用できる最大200 Mbpsの無料スマートWi-Fi、全90室のモダンな客室、ファッショナブルなレストラン、音楽とデザートを楽しめるバー、地元イメージと合った娯楽施設を備える。ホテルは中山エリアのショッピング・歓楽街の中心、MRTの中山駅から徒歩5分の場所にある。台北当代芸術館(MOCA)や台北之家(SPOT-Taipei Film House)などの文化施設も近くにある。

台北有数の歴史街区の中山では、築100年以上の欧米建築に流行のレストラン、文化的至宝、デザインショップを組み込む再開発が進んでいる。

ambaは台湾のグリーンビルディング賞などを受賞した台北市立図書館北投分館の設計家集団、Bioarchitecture Formosanaと協力、1970年代のオフィスビルをデザイン性あふれた現代風ホテルに改修した。

ビルの構造を残す事はライフサイクルを伸ばし、その特徴を保全することにあった。建築家は元の窓を再利用し、ファサードを低放射率(Low-E)ガラスの連窓に代え、壁をチャコールグレーに塗り替えて改装、力強く気品ある外観に仕上げている。

南に面するファサードには巨大なポップアート壁画を配している。30メートル×15メートルの壁画は、台湾で有名なタピオカミルクティーから台北之家のレトロ調映画まで、アイコニックなデザインで台北とambaのブランドイメージを描写している。

▽ambaについて
amba Hotels & Resortsは今日の経験豊富な都市旅行者に新しい旅を提案するため、もともとある周辺環境に配慮しつつ独創的なデザインを取り入れ、独特の空間を提供する。ambaコレクションは、Wallpaper誌から2012年開業の最優秀ホテルのひとつに選定されたamba台北西門町(amba Taipei Ximending)を皮切りに、amba台北中山(2015年春ごろ予定)、amba台北松山(amba Taipei Songshan、2015年後半)、amba墾丁(amba Kenting、2016年)がオープンを控えている。

amba Taipei Zhongshan (map (リンク ))
57-1 Zhongshan North Road, Section 2, Taipei 10412, Taiwan
Pre-opening Office +886-2-2181-3211 | Reservations +886-2-2525-2828
amba-hotels.com (www.amba-hotels.com/jp/zhongshan/ )
Facebook (リンク )

Photo - リンク
Photo - リンク

ソース:amba Hotels & Resorts

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事