logo

「鳥取和牛オレイン55」と大山ブロッコリー「きらきらみどり」が「日本料理 分とく山」の特別コースに!

鳥取県 2015年01月19日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年1月19日

鳥取県 市場開拓局販路拡大・輸出促進課

日本料理の巨匠、分とく山 野崎 洋光 総料理長プロデュースによる
「鳥取和牛オレイン55」と大山ブロッコリー「きらきらみどり」の特別コース

鳥取県(平井伸治知事) は、首都圏における鳥取県農産物の情報発信の一環として、「日本料理 分とく山」(東京・広尾)にて「鳥取和牛オレイン55」と大山ブロッコリー「きらきらみどり」の特別コラボレート企画を実施いた
します。
今回使用いただく「鳥取和牛オレイン55」は、肉本来の旨味が広がり、やわらかく、くちどけの良さが特長の新ブランド和牛です。オリーブオイルの主成分でもあるオレイン酸を55%以上含み、脂肪の“まろやかさと質”にこだわっています。また大山ブロッコリー「きらきらみどり」は、有機質肥料を主体とした土づくりにより通常の約70%化学肥料を削減して栽培され、苦みやえぐみが抑えられており、そのままでも甘く、生でもおいしく安心して食べられます。
野崎総料理長も惹かれた、この鳥取食材をご堪能いただける特別コースを「日本料理 分とく山」(東京・広尾)にて、2015年1月20日(火)~31日(土)の期間限定でご提供いたします。
伝統的な和の技法を踏まえながら、型にはまらない独創的な料理と真心のおもてなしをお届けしている「日本料理 分とく山」。上神焼(かづわやき)の片口やお猪口、因州・中井窯(いんしゅうなかいがま)の箸置き、弓浜絣(ゆみはまがすり)のコースターなど、鳥取県の伝統工芸品も料理に彩りを添えます。
ユネスコ無形文化遺産にも認定された和食の神髄を「食のみやこ鳥取県」の豊かな食材を通じて存分にお楽しみください。この企画でしかご賞味いただけない日本料理の特別コースです。ぜひ、この機会にご取材ください。

期 間 : 2015年1月20日(火) ~ 31日(土)
場 所 : 日本料理 分とく山(東京・広尾)
    〒106-0047 東京都港区南麻布5-1-5
営業 時間/17:00~23:00 (L.O.21:00)
定 休 日/日曜・年末年始
電 話 : 03-5789-3838
金 額 : お一人様15,000円 ※税・サービス料別



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事