logo

運命を変えるきっかけになったSK-IIは戦友! 美肌女優『桃井かおりさん』、『綾瀬はるかさん』が本音でトーク

P&G マックス ファクター 合同会社 2015年01月16日 17時36分
From Digital PR Platform


高級スキンケアブランド「SK-II」は、2015年の今年、ブランド誕生から35周年を迎えます。この35周年を記念して、2015年1月15日(木)、東京・表参道ヒルズにて、「SK-II誕生35周年 キックオフ セレモニー ~運命よりも、きれいになろう。~」を開催いたしました。
「SK-II誕生35周年キックオフ セレモニー」には、運命よりも、美しいお肌を体現するSK-IIミューズで美肌女優の桃井かおりさんと綾瀬はるかさんが登場。久しぶりに会ったお二人の仲の良い様子が伝わる本音トークを展開しました。運命を超えて美しくなる秘訣や、美しい肌で前向きな気持ちになり運命が変わったエピソードを紹介。また特別に招待された一般女性35名の観客からは、直接お二人に、忙しい中で美肌を保つ秘訣など鋭い質問をなげかける場面もありました。
セレモニー同日の1月15日(木)からは、肌の運命を変え、自分の運命を切り開く第一歩を踏み出す女性への応援プロジェクト「SK-II #changedestinyプロジェクト」、翌日1月16日(金)からは、SK-IIの35年間の軌跡と肌の運命を切り開く秘訣が詰まったイベント「SK-II 美肌体感ミュージアム」が開始します。「SK-II 美肌体感ミュージアム」は、1月16~18日の表参道ヒルズ会場を皮切りに、全国の主要都市で順次開催を予定しています。

【当日のトーク内容】
■お二人がSK-IIで実感!『運命を変えるきっかけになった』
【桃井さん】
SK-IIを使うだけで元気に見えて、勇気や積極性が出たわ。それによって年齢を重ねても人生が活気づいているのはSK-IIのおかげよ。SK-II以外、頑張ってやっていることはない。他に使ってみたいなと思った時もあるけれど、結局はSK-IIに戻ってくるの。やはりここに戻ってきてずっとSK-II命。もうほとんど桃井かおりの体はSK-IIでできていると言っても過言じゃない。
【綾瀬さん】
肌の調子が良いと、日々の気持ちがあがるし、自信がついてポジティブになります。
それが運命も変わるきっかけになっていると思います。今でもあまり肌のコンディションが年齢を重ねても変わらないのはSK-IIを若いころから、使っていたおかげかなと最近、常々実感いています。

■桃井さんにとってSK-IIは『私の戦友!』
【桃井さん】
SK-IIは頑張る女性を応援するブランド。美しい肌は元気と勇気につながり、運命も変えていくので、みんなもついてきて。まさにSK-IIは私の戦友!これのお陰でくたびれているときも「元気そうだね。」と言われます。つらい時こそパック療法がオススメ。辛いにつけ、嫌なことがあったにつけ、疲れるにつけ、SK-IIを付けっていう感じです。そうすると落ちたことも無駄にならなかったという気持ち。

■一般女性の「いつからSK-IIを始めたらいいの?」との質問に、『今日をきっかけに、若いうちから!』
【桃井さん】
たぶん自分で分かると思います。私は26、7歳のときに顔から少女っ気がなくなり、大人の準備をしなくてはと思いそこから気を引締めたので20代から必要だと思います。その時のお手入れによって30と40の伸びとか持ちが違いますね。あなたも今日をきっかけにしてみては。
【綾瀬さん】
27、8歳位で、「なんだか肌が変わってきた」と感じていたので、25歳のお肌の曲がり角って、本当だなと感じました。若いころから、使っていたおかげで、割といい状態をキープできていると思います。保湿だけは忙しくても欠かしません。お手入れをしたら、ちゃんと肌にその実感が返ってくるので、長い目で見て日々のお手入れを楽しんで下さい。

【SK-II #changedestiny プロジェクト】概要
SK-II 35周年を記念して発足する本プロジェクトは、肌が変わる喜びを力に運命を変えたいと願う女性を、肌と人生の両面から応援するプロジェクトです。一般女性から「どのように肌を変えたいか、そして運命を変える第一歩として挑戦したいこと」をプロジェクト スペシャルWEBページで広く募集し、応募者の中から肌と運命を変える女性の代表として、10名のプロジェクト メンバーを選出します。プロジェクト メンバーには、お肌に合ったSK-II製品ラインナップ(半年分)と、美肌を叶えて運命を変える第一歩を踏み出す活動資金(35万円相当)で、肌と運命を変えるきっかけをサポートします。 さらに、プロジェクト メンバー以外にも、応募者の中から抽選で500名様にはSK-II製品をプレゼントし、より多くの女性の美肌作りのお手伝いをいたします。 また、プロジェクト メンバーの選出には、ご自身の運命を切り開かれた先輩として、各界でご活躍の3名(美容ジャーナリストの齋藤薫さん、プロフィギュアスケーター 鈴木明子さん、ボストンバレエ団プリンシパルダンサーの倉永美沙さん にサポート メンバーとなってご協力いただきます。
応募は、1月15日~2月28日まで。

<概要>
プロジェクト名称:『SK-II #changedestiny プロジェクト』
応募期間:2015年1月15日~2月28日
メンバー発表:2015年4月中
活動期間:2015年4月~9月末
募集人数:10名
応募方法: プロジェクト専用応募ページより、「美肌を手に入れて、運命を変える第一歩として挑戦したいこと」に関する簡単なエッセイと必要事項を記入し応募投稿。
応募ページ: リンク
サポートメンバー:
齋藤 薫(美容ジャーナリスト)
鈴木 明子(プロフィギュアスケーター)
倉永 美沙(ボストンバレエ団プリンシパルダンサー)
お問合せ先:「SK-II #changedestiny プロジェクト」事務局
TEL:03-4570-3165(10:00-17:00土日・祝日を除く)
E-mail: skii_change_destiny@ml.prap.co.jp

<SK-IIからサポート内容>
○プロジェクトメンバー10名の方
・各メンバーのお肌にあったSK-II製品(半年分)
※SK-IIの独自の肌分析マシン「マジックリング」によるカウンセリングの後、個別に製品を選定いたします。
・活動資金(35万円相当) 
美肌を手に入れて、運命を変える第一歩として挑戦するための活動資金35万円相当
○さらに応募者から抽選500名様にSK-II製品をプレゼント
・フェイシャル トリートメント エッセンス(75mL)
・フェイシャル トリートメント マスク (1枚)
・ステムパワー(15g)

■SK-II #changedestiny プロジェクト スペシャルWEBページ 
リンク

【SK-II 美肌体感ミュージアム】概要
美肌のためのトータル カウンセリングが無料で体験できる限定イベントです。SK-II 美肌体感ミュージアムでは、SK-II誕生35周年のヒストリーを最新デジタルアートで紐解く「35周年ヒストリーアート」や、肌の運命を超えて美しい肌を獲得した女性達の美肌の秘訣を知ることができる「美肌ギャラリー」など、様々な美肌体感プログラムを展開。また、SK-IIの大人気サービスであるSK-II独自の肌分析マシン「マジックリング」による無料トータル肌分析とお一人おひとりに合った特別なカウンセリングも受けていただけます。カウンセリングを受けられた方には、お肌の状態に合わせた無料製品サンプルも提供いたします。尚、本イベントにて、SK-IIフェイシャル トリートメント エッセンス215mlをご購入いただいたお客様に限り、お好きなデザインを選んで頂き、ボトルにご自身のお名前等を刻印できる「パーソナライズボトル」のサービスも実施いたします。※パーソナライズボトルは東京・表参道ヒルズのみにサービスとなります。

『SK-II 美肌体感ミュージアム』ウェブサイト:リンク

■東京会場
日時:2015年1月16日(金)、17日(土)、1月18日(日) 11:00~20:00
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー / 吹抜け大階段(東京都渋谷区神宮前4-12-10)
入場料:無料

■全国イベント
日時:2015年1月16日(金) ~3月下旬(予定) 
場所:全国の主要都市にて、順次開催予定
大阪:高島屋大阪店にて2/11(水)~2/17(火)
福岡:岩田屋三越 岩田屋本店 (イベント会場:岩田屋本店 本館1階プロモーションスペース)にて3/18(水)~3/24(火)で実施決定 

<美肌体感プログラム>
【知る】[美肌ギャラリー]あなたと同じ肌質の女性が、運命を超えて美肌になった秘密を知ろう
    [35周年ヒストリーアート]SK-IIの歴史や広告をインタラクティブに楽しもう
【シェアする】フォトセッション あなたがミュージアムやSK-IIの広告の一部になって撮影した写真をシェアしよう
【学ぶ】美肌ワークショップ 肌のエキスパートから、「運命よりもきれいになる」美肌テクニックを学ぼう
【体験する】[SK-II肌分析マシン]『マジックリング』 肌の「今」と「未来」を知り、お肌に合わせたサンプルをもらおう
      [タッチ&トライエリア]SK-II製品を好きなだけ試そう
【購入する】パーソナライズボトル あなただけの選べる限定デザインボトルを手に入れよう


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事