logo

マルタが永住・市民権プログラム好調で4億5000万ユーロ以上の投資を獲得

Henley & Partners 2015年01月16日 15時10分
From 共同通信PRワイヤー

マルタが永住・市民権プログラム好調で4億5000万ユーロ以上の投資を獲得

AsiaNet 59210 (0078)

【ロンドン2015年1月16日PRN=共同通信JBN】
*Henley & Partnersがマルタ個人投資プログラム(Individual Investor Program)は引き続き好調で、国籍取得が始まると協調。

マルタの個人投資プログラム(Individual Investor Program、IIP)は2014年前半の立ち上げ以来400件以上の申請を集め、その結果、海外からの直接投資が4億5000万ユーロ(5億3000万米ドル)を超える見込みとなった。

(Photo: リンク

これら海外直接投資は預金、債券、不動産などを含む資産から構成されており、週あたり約1000万ユーロ(1200万米ドル)に達する。

すでに原則認可ベースの市民権認定書が最初の申請者のグループに対して発行されており、申請者の貢献、投資、永住要件などが満たされ次第、国籍取得証書が発行される見込みである。今までで、応募者の国籍は40カ国を超えている。

IIPは世界の超富裕層の個人および家族を対象とした近代的な投資による市民権獲得プログラムである。このプログラムはHenley & Partnersがマルタ政府のために公共サービス免許の下で立案し、世界的に販売している。Henley & Partners副会長のアンドリュー・J・テイラー氏は「IIPは当社がマルタ政府と共に創造、立案したものであり、その細部に至るまで熟知している。当社はこのプログラムを通じて市民権の申請をしている大多数の家族が政府の法令すべてを遵守し、申請を滞りなく行うための手順すべてを確かに踏むためにはHenley & Partnersが最適であるとして当社を選んでくれたことを誇りとしている」と述べた。

Henley & Partners が2014年後半、ロンドンのマルタ高等弁務官事務所で開催したセミナーでマルタ首相のジョーゼフ・ムスカット博士は「成功は革新にある。我が国は市民権という概念は急速に進化していると考えており、我が国はこの革新の最先端にいたいと考えている。それこそが我が国が画期的な個人投資プログラムを作った理由であり、これは欧州委員会が認可した唯一の投資による市民権獲得プログラムだ。これを一言で説明すれば人材である。我が国は我が国の人材を豊かにし、我が国の国際ネットワークを拡大することによって我が国の競争力を高めたいと考えている。素晴らしい新世界の新たな国境がこれだと考えている」と述べた。

IIPは信頼に足る人物で、しかるべき条件を備え、マルタの経済発展に大きな貢献をした外国人およびその家族に市民権を与えるものだ。このプログラムは世界で最も厳格なデューディリジェンス基準を備えており、非常に高い地位にある顧客だけを受け入れている。

さらに同プログラムは受け入れ人数が主要申請者の数で1800人を超えたところで締め切られることになっており、世界で最も排他的なプログラムである。

▽マルタ個人投資プログラムについて
マルタ首相ジョーゼフ・ムスカット博士、Henley & Partners最高経営責任者(CEO)エリック・G・メジャー氏、およびその他の専門家によるマルタ個人投資プログラムについての説明の視聴はウェブサイト(リンク )を参照。

▽Henley & Partnersについて
Henley & Partnersは住居と市民権プランニングの世界的リーダーである。毎年、数百人の富裕な個人、家族とそのアドバイザーは、この分野におけるHenley & Partnersの専門知識と経験に依存している。

住居と市民権プランニングのコンセプトはHenley & Partnersが1990年代に創りだした。世界のグローバル化が進展する中で、Henley & Partnersと仕事をし、国際的な活動をしている起業家や投資家の数が増え続け、彼らの間で住居と市民権が重大な関心事として話題になった。

Henley & Partnersはまた、先進的な政府アドバイザリー業務(リンク )も行っており、世界で最も成功している住居・市民権プログラムのいくつかについて戦略的コンサルティング、設計、設立、運営に関わっている。これらは現在までのところ、外国から40億米ドル以上の直接投資を誘引している。
リンク

▽プレス用写真
添付のマルタの写真を参照(高精細写真も提供可能)

ソース:Henley & Partners

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事