logo

CROMSOURCE、イタリア嚢胞性線維症協会の臨床研究訓練イニシアチブを援助

CROMSOURCE 2015年01月15日 17時03分
From 共同通信PRワイヤー

CROMSOURCE、イタリア嚢胞性線維症協会の臨床研究訓練イニシアチブを援助

AsiaNet 59193

CROMSOURCE、イタリア嚢胞性線維症協会の臨床研究訓練イニシアチブを援助

イタリア ヴェローナ、2015年1月15日/PRニュースワイヤー/
医薬品、バイオテクノロジーおよび医療機器産業における国際的な委託サービス提供企業であるCROMSOURCEは、イタリア嚢胞性線維症団体(SIFC: Italian Cystic Fibrosis Society)が運営する臨床研究ベストプラクティスの訓練コースモジュールのいくつかを提供していることを本日発表しました。同コースは2014年12月に開講され2015年2月に終了予定です。

嚢胞性線維症などのまれな疾患の効果的治療の開発は、専門病院に勤務する医師の関与に頼っています。これら臨床医は、自身が担当している患者に対してこのような研究プロジェクトへの参加を促すことができます。臨床研究のベストプラクティスにおける訓練を提供することで、SIFCは、医師とそのチームが将来的な臨床研究プログラムにより深く関わり、より多くの嚢胞性線維症患者を参加させることができるかもしれません。

嚢胞性線維症に関する力強い経験を持つ、世界に認められた臨床研究専門家として、CROMSOURCEは、この取り組みを支援する上で信頼できる立場にいます。コース期間中、CROMSOURCEの社員が、臨床研究プロトコールの典型的特質、臨床研究に関わる医師と臨床スタップの責任、および臨床研究に対する規制の申請や認証プロセスなどのテーマに基づいて医師とそのチームを訓練します。

CROMSOURCEの創設者でありCEOのOriana Zerbini医学博士は次のように述べました。「このイニシアチブに参加し、イタリアの国民高度保健医療委員会(ISS:National High Health Commission)、米国嚢胞性線維症基金(US Cystic Fibrosis Foundation)、倫理委員会、そしてさまざまな製薬会社からの代表者と協力できることを嬉しく思います。CROMSOURCEは、当社の臨床研究における経験の共有に取り組み、この訓練コースの重要性を十分に認識しています。この精神において、当社はこの重要なイニシアチブを支援することを喜びとしています。」

CROMSOURCEについて:1994年に設立されたCROMSOURCEは、医薬品、バイオテクノロジーおよび医療機器産業における独立した大手委託サービス提供企業であり、ヨーロッパと北米における臨床開発と人員配置を専門としています。CROMSOURCEは、顧客に対して合意スケジュールに基づき元受契約予算内でプロジェクトを行うことを独自に保証しています。

連絡先:Margherita Mosconi

CROMSOURCE
電話: +39-045-8222811
Fax: +39-045-8222812
(ヨーロッパ本社)
Via Giorgio De Sandre, 3
37135 Verona, Italy
リンク


情報源:CROMSOURCE

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事