logo

「ハイレゾ音源市場の展望と課題」調査報告書を発表

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、「ハイレゾ音源市場の展望と課題~スマートフォンが起爆剤となるか~」と題した調査報告書を発表いたしました。

【 調査報告書の概要 】

約30年間の周期で劇的に変革を迎えるのが、音楽業界の事業モデルやメディア技術である。1982年のCD登場以来、ちょうどその時期が来たかのように注目されているのが、昨今のハイレゾリューション(ハイレゾ)音源と言われるものです。
通常の圧縮されたCD音源に比べて圧倒的に情報量が多く、きめ細かい音質と幅広い音域をカバーし、まさに音楽界における緻密で高音質な楽曲コンテンツを指します。
このニッチなハイレゾ音源市場の歴史は思ったより古く、このニッチ市場が特に2012~2013年にかけて、マス市場に向けて劇的に変化して来ています。
本書では、ハイレゾ音源市場がモバイル利用されることで更なる化学変化が起きようとする向こう数年間の同市場を捉え、今後のハイレゾ音源市場の展望と課題を整理した内容に仕上げています。
楽曲関連デバイスメーカー、ネット配信事業者、スマートフォン関連の関係者だけでなく、今後の音楽業界に照準を定めるサードパーティの参入事業者の方々も含めて、広く参照できる報告書になったと自負しています。



▼本レポートの詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。
リンク


【目次】

エグゼクティブサマリー

Ⅰ ハイレゾ音源概要
 1.1 ハイレゾ音源の定義
 1.2 ハイレゾ音源分類
 1.3 ハイレゾ音源の歩みと今後の方向性
 1.4 ハイレゾ音源市場のロードマップ

Ⅱ デバイス分析
 2.1 専用ポータブルデバイス
  2.1.1 ソニー(Sony)
  2.1.2 フィーオ(FiiO)
  2.1.3 コウォン(COWON)
  2.1.4 その他製品
  2.1.5 製品ポジショニングマップ
 2.2 スマートフォン
 2.3 据え置き型

Ⅲ 音源ビジネスモデルの分析
 3.1 バリューチェーン
 3.2 収益モデル考察
 3.3 再販制度の課題

Ⅳ 音源サービスプレイヤー分析
 4.1 e-onkyo music
 4.2 mora
 4.3 OTOTOY
 4.4 配信事業各社のポジショニング

Ⅴ 市場成長性

Ⅵ インプリケーション



【図表目次】

図目次

[図1-1]ハイレゾ音源の定義と区分
[図1-2]サンプリング周波数と量子化ビット数の概念
[図1-3]ハイレゾ音源サービスの沿革と今後の方向性
[図1-4]ハイレゾ音源市場の推定ロードマップ
[図2-1]ポータブル製品ポジショニング
[図2-2]据え置き型のハイレゾ音源利用方法
[図3-1]e-onkyo music のエコシステム
[図3-2]ハイレゾ音源の作成工程
[図3-3]ハイレゾ音源配信事業の収益構造
[図3-4]音楽ソフト・有料音楽配信の売上推移(2005~2013)
[図4-1]e-onkyo music のweb UI
[図4-2]mora ハイレゾセクションのweb UI
[図4-3]OTOTOY のweb UI
[図4-4]ハイレゾ音源配信事業者のジャンル別サービスポジショニング
[図5-1]日本国内ウェアラブルコンピュータ市場規模予測(2014~2018)


表目次

[表1-1]様々なハイレゾ音源の種類
[表2-1]SONY NW-ZX1(2013/12 発売)の主な仕様
[表2-2]SONY NW-F880 Series(2013/10 発売)の主な仕様
[表2-3]FiiO X5 Japan Edition(2014/05 発売)の主な仕様
[表2-4]FiiO X3( 2013/09 発売)の主な仕様
[表2-5]COWON PLENUE1( 2014/09 発売)の主な仕様
[表2-6]iBasso Audio DX90j(2014/07 発売)の主な仕様
[表2-7]HiFiMAN HM-802(2014/02 発売)の主な仕様
[表2-8]Astell&Kern AK240-256GB-GM(2014/02 発売)
[表2-9]NTT ドコモのハイレゾ・スマートフォン
[表3-1]かつての音楽配信サービス参入事業者
[表4-1]ハイレゾ音源配信事業各社の整理



【レポートの概要】

発行:株式会社ROA Holdings
発刊:2015年1月
判型:ワードA4 カラーコピー印刷 ページ数 59頁
調査・製作 : 株式会社 ROA Holdings
価格:(税込・送料込)
 - 102,600 円(印刷版)
 - 102,600 円(PDF(CD-ROM))
 - 105,840 円(印刷版+PDF(CD-ROM))


▼エグゼクティブサマリー、及びご注文は、こちらからご覧いただけます。
リンク



■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : ソウル支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:小林
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

このプレスリリースの付帯情報

[図]日本ハイレゾ音源市場規模予測 2013~2018年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。