logo

沈胴機構を採用し、小型化を実現 ニコンDXフォーマット対応の望遠ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2015年01月14日 13時15分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の望遠ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」を発売します。

「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」は、焦点距離55-200mm(FXフォーマット・35mm判換算で82.5-300mm相当の撮影画角)、開放F値4-5.6の望遠ズームレンズです。新たに沈胴機構を採用することで、従来製品の「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED」と比較して、沈胴時の長さ※1を約16.5 mm、最大径を約2.5mm小型化しました。また、質量は約35g 軽量化しています。
大幅な小型・軽量化の実現により、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラに装着した際の小型・軽量化にも貢献し、携行性と機動力をさらに高めます。

また、手ブレ補正効果4.0段※2のVR機構を搭載しているほか、色収差が少ない、高い光学性能を発揮するEDレンズを採用しています。

この1本で日常的なスナップから、ポートレート、動きのある被写体や遠くの被写体など、さまざまな撮影に対応します。これからデジタル一眼レフカメラでの本格的な撮影に挑戦し、記念すべき一瞬をきれいに記録したい方に最適なレンズです。

※1 レンズマウント基準面からレンズ先端まで。
※2 CIPA規格準拠。DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。


●発売概要
商品名 「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」
希望小売価格 ¥45,000(税別)
発売時期 2015年2月5日予定

● 「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」の主な特長
•焦点距離55-200mm(FXフォーマット・35mm判換算で82.5-300mm相当の撮影画角)、開放F値4-5.6の、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応望遠ズームレンズ
• 沈胴機構採用により、大幅な小型化を実現
• 手ブレ補正効果の高いVR機構(手ブレ補正効果4.0段※)を搭載
• EDレンズ採用により、色収差が少ない、高い光学性能を発揮
※ CIPA規格準拠。DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。

※「AF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G ED VR II」の主な仕様はニュースリリースをご覧ください。
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。