logo

IIJ、SAS、ZEALの3社が中堅企業の経営への積極的なデータ活用の支援で協業


株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)、SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:ミカエル・ハグストロム(Mikael Hagstrom)、以下SAS)、株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘、以下ZEAL)の3社は、データ活用スキルやIT資産が不足する中堅企業向けに、クラウド上で企業の経営に必要なデータを分析、可視化する「クラウド・アナリティクス・ソリューション」を提供することで、協業を行うことを本日発表します。

「クラウド・アナリティクス・ソリューション」は、SASのセルフサービス型アナリティクス及びBI製品(※1)、ZEALが長年培ってきたBIシステム構築・活用のノウハウ、IIJのクラウド基盤及び運用技術という、各社の強みを連携させたソリューションです。
昨今、経営課題の解決および市場機会への投資判断など、中堅企業においても、経営にデータをより積極的に活用することが求められています。そのためには、過去のデータ分析や集計だけのBI環境ではなく、将来予測などビジネスの課題解決型のアナリティクスの活用が不可欠です。しかし、大手企業に比較して中堅企業では、人材の不足、データ管理、システム基盤整備の課題があり、アナリティクス導入のハードルとなっています。
「クラウド・アナリティクス・ソリューション」では、煩わしいハードウェア調達やソフトウェア選定を必要とせず、お客様のデータ解析に最適な統計手法の設計とその運用といったすべてを、トータルなソリューションとして提供します。そのため、お客様は自社のデータを準備するだけで、データから得られる知見を経営に活かせます。

協業内容
本協業において、IIJ、SAS、ZEALの3社は、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」上にSASのセルフサービス型のデータ探索製品である「SAS(R) Visual Analytics」を組み込んだデータ分析環境と、BIシステム導入およびデータ分析のコンサルティングサービスを統合した「クラウド・アナリティクス・ソリューション」を、お客様に提供します。
データ分析環境は、SAS Visual Analyticsの性能を最大限に引き出すよう設計された専有型のクラウド環境に、大量データに対する分析処理を可能にするHadoopや、Greenplum Database(※2)を併せて提供します。また、収集したデータの活用にあたり、KPIの決定から効果測定まで、一連のサイクルをZEALがサポートします。これにより、データの利活用を新たに始めたいお客様や、ビックデータを使ったより高度な分析、予測、統計解析に取り組みたいお客様を支援し、広く中堅企業のアナリティクス活用ニーズにお応えします。なお、SAS Visual Analyticsをクラウド上で提供するのは国内初で、ZEALは国内初のSAS Visual Analyticsサービスパートナーとなります。
3社は2015年度末までに50社への本ソリューション導入を目指します。まずは製造業向けに「需要予測」、流通・小売業向けに「ターゲット・マーケティング分析」などのソリューションを提供し、他業種にも順次提供範囲を拡大いたします。

(※1) BI (ビジネス・インテリジェンス):企業内のデータを蓄積、分析、加工し、経営の意思決定に役立てる手法や技術。
(※2) DWH向けデータベース製品: 時系列に沿って蓄積された大量のデータを目的に応じて抽出、分析するDWH(Data Warehouse)システムに適した機能と性能を備えた専用データベース製品

■ソリューション概要図については以下をご覧下さい。
リンク

■提供価格
・初期費用(税別)
本番環境:4,750,000円~
実証検証(POC)環境:1,500,000円~
※最大2ヶ月間利用可能
・月額費用(税別)
本番環境:300,000円~
実証検証(POC)環境:1,500,000円~
※最大2ヶ月間利用可能

本番環境では、SAS Visual Analyticsサーバ、HadoopサーバまたはDWHサーバ、インテグレーション及びサポートを提供。PoC環境ではお客様データを用いたレポート作成、性能検証などが実施可能。

IIJについて
IIJは、1992年日本企業として初めての商用インターネットサービスプロバイダとして設立されました。現在では、IIJグループとして8,500社を超える法人顧客に対して、インターネット接続、アウトソーシングサービス、WANサービス、クラウド等の各種ネットワークサービスから、システム構築、運用管理などのシステムインテグレーションまで、総合的なネットワーク・ソリューションを提供しています。 (リンク

SASについて
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人 約250名。 (リンク

ZEALについて
株式会社ジールは、日本でビジネスインテリジェンス(BI)への認識や理解がまだなかった時代から、今後の企業経営に重要な役割を果たすものとして着目し、数々の実績とノウハウを蓄積してきました。BI分野における20年以上の経験に基づいた知見に加え、最新のビッグデータ技術を駆使した先進的なサービスをご提供しています。これからBIに取り組むお客様から、既存の分析から高度な分析へシフトされるお客様まで、業務を通して獲得してきた豊富な知識、知見を活かしてお客様の経営課題解決を支援します。 (リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。