logo

ボストンテクノロジーズとFXStreet社のグローバルパートナーシップ提携のご案内

Forexware 2015年01月08日 15時57分
From 共同通信PRワイヤー

ボストンテクノロジーズとFXStreet社のグローバルパートナーシップ提携のご案内

AsiaNet 59144

ボストンテクノロジーズとFXStreet社の
グローバルパートナーシップ提携のご案内

本パートナーシップ締結により、弊社のMT4クライアントに経済ニュースを複数言語にてリアルタイム配信いたします。

ボストン - 2015年1月8日 /PRNewswire/-FXトレードテクノロジー界において金商業社を始めとする法人のお客様向けに高品質のリクイディティを提供しているリーディングカンパニー、ボストンテクノロジーズは、本日、FXStreet’s FXニュース配信元のFXStreet社とパートナー提携を結ぶ運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。この提携によって、ボストンテクノロジーズでMT4をご利用のお客様は、リアルタイムで最新のFXニュースを受信いただけます。

ロゴ:リンク
ロゴ:リンク

ジャーナリストとFXの専門家で構成されるFXStreet社は、市場における通貨、罫線分析、中央銀行、株、金、原油に関するニュースとのギャップを埋めるためFXニュース機能として誕生しました。FXStreet’s FXニュースでは、メジャー通貨ペア、マイナー米ドルクロスペア及びメジャークロスペアを含むほとんどの取引通貨に関わる動向が網羅されています。また、このFXニュースは、ニュース記事へのアドオンとしてチャート表示がサポートされています。ニュース記事は一日あたり100本以上掲載され、英語、中国語、日本語、ロシア語、アラビア語、ドイツ語、インドネシア語、スペイン語、トルコ語を含む複数の言語でご覧いただけます。
ボストンテクノロジーズ・グローバル事業開発副社長であるナタリア・フニックは、次のように述べています。「我々は常日頃からポートフォリオを強化し、お客様へ直接還元できるソリューションを提供できるようサービスの改善に努めています。FXStreetの複数言語ニュース配信サービスはお客様のビジネスに付加価値を与えることでしょう。」

リアルタイムニュースフィードはRSSチャンネルを介してFXブローカーのウェブサイトに配信されるか、組み込み式のメタトレーダー4モジュールを介してメタトレーダー4トレードターミナルに直接配信されます。

FXStreet社CEOのカロライナ・メイ氏は、次のように語っています。「我々は、FXトレーダーに対して、市場動向に関する正確かつ最新のテクニカル、およびファンダメンタル情報を提供することにより、主要な情報源となることを目指しています。FX業界でもリーディングカンパニーとして認知度の高いボストンテクノロジーズ社との提携は、両社にとって、有意義な戦略的ステップだと考えています。」

ボストンテクノロジーズについて
ボストンテクノロジーズは、外国為替、およびその他の店頭取引市場において、金商業社を始めとする法人のお客様に対しトレーディングテクノロジー、ソフトウェアを提供する業界トップクラスのプロバイダーです。2014年には、投資機関用トレードテクノロジー界で世界的リーダーとなるべく、B2BトレードアプリケーションとFX業界向けソリューションに特化したForexware社と合併を遂げました。ボストンテクノロジーズでは、初期ブローカー向けStart Your Own Brokerageパッケージ、機関投資家向けの一流リクイディティへのアクセス、資産運用会社向けリスクマネージメント、貴金属取引などのポートフォリオを提供しています。米国マサチューセッツ州のボストン本社を拠点に、ニューヨーク、ロンドン、東京、上海にオフィスを構えております。
Boston Technologiesに関する詳細はこちらまでwww.bostontechnologies.com

FXStreetについて
FXStreetは2000年1月に設立されました。以来、FXStreetでは、客観的かつ公平な情報提供をモットーとし、ユーザーがより良くかつ自信を持って決断を下せるよう、常に揺るぎない品質を保っています。ウェブ上でのコンテンツとしては、リアルタイムクォート、ニュース、会報、世界中の専門家とのインタラクティブなチャット等が、非常に高い評価を得ています。FXStreetは、プロの個人投資家や中小企業、FXブローカーや投資銀行に至るまでFX業界全体とのコラボレーションを達成してきました。

問い合わせ先: Boston Technologies Powered by Forexware, Marketing@bostontechnologies.com, +1-617-314-6800

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事