logo

時事ニュース満載、迅速・簡便なアジアのメディア向けドイツ通信社の新サービス

ドイツ通信社 (dpa) 2015年01月07日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

時事ニュース満載、迅速・簡便なアジアのメディア向けドイツ通信社の新サービス

AsiaNet 59086(0008)

【ベルリン2015年1月7日PRN=共同通信JBN】ドイツ通信社(dpa)はアジア地域のメディア機関向けの新サービスを導入、同社の海外通信網をベースにしたdpaトップニュースをマルチメディアフォーマットで配信する。新サービスは英語のニュース記事パッケージと写真、インフォグラフィックスで構成されている。dpaの国際チームは毎日30本程度のトップニュース記事をパッケージにまとめて迅速に各社の編集部門に配信し、APIフィードを通じて各社のコンテンツ管理システムに入力することが可能になる。あるいはクリック1つでダウンロードもできる。

「dpaトップニュースの大きな長所の1つはニュースパッケージの形での配信とその日のニュースの集中だ。配信先はdpaのニュースを例えばウェブサイトに組み込むことによって、ニュースをストレートに利用できることになる。重視されるのはアジア各地のユーザーの特別な関心事項である。われわれは同時にドイツや他の欧州諸国の現状についても集中的な報道を続けている」とdpaの本社外信部長兼編集局次長のミヒャエル・ルーデビヒは話している。

新しいdpaトップニュースのカバー範囲は国際政治ニュースからサッカーやその他のスポーツまで幅広い。記事はベルリン、バンコク、ワシントンにあるdpa国際ニュースデスクのスタッフが1日24時間・週7日休みなく作成している。

各社編集部門はdpaインターナショナルから次のポータル(リンク)を通じてサービスポートフォリオの全体をライセンスすることができる。またこのページを使ってdpaチームに直接コンタクトすることも可能だ。もしdpaトップニュースやその他のサービスを定期購読したいとの希望があればハンブルクの国際マーケティング・営業局(Tel.: +49-40-411332310, email: internationalsales@dpa.com )に申し込みを。Twitter(リンク )でもdpaインターナショナルに接触できる。

ドイツ通信社は信頼された、正確で独立したニュースの配信社でありデジタルおよびマルチメディアでメディアの力を支えている。配信先は世界に展開する特派員と編集者のネットワークでドイツの最大手通信社としての地位を維持している。100カ国以上の印刷メディア、ラジオ局、オンラインおよびモバイルコミュニケーション・プロバイダーはこのジャーナリスティックなエクセレンスに1日24時間信頼を置いている。配信先は各国の議会や政府機関、非政府機関、企業、PR会社も含まれている。それらすべてはdpaグループが提供する幅広いニュース商品やサービスコンテンツを活用しているのである。
リンク

▽メディア問い合わせ先
dpa Deutsche Presse-Agentur GmbH
Christian Roewekamp
Head of Corporate Communication
Tel.: +49-30-2852-31103
Mail: roewekamp.christian[at]dpa.com

ソース:dpa Deutsche Presse-Agentur GmbH

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事