logo

環境最前線有望ビジネスを掌握する

日本ビジネス開発株式会社 2015年01月02日 08時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年1月2日

日本ビジネス開発株式会社

環境最前線有望ビジネスを掌握する

 企業・ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発(大阪市住之江区、代表藤田英夫、06-6685-7992)は、「環境ビジネス白書2014年版」を発刊した。http://www.jbd-corp.co.jp/
 当該版は本邦初として発刊した1997年の創刊号から数えてシリーズ第17弾となる。今回は副題に「環境最前線有望ビジネスを掌握する」を掲げた。環境最前線有望ビジネスとは、
  ・先頭に立つビジネス
  ・先見性のあるビジネス
  ・競合企業と対峙するビジネス
  ・優位性を持つビジネス
  ・競争を勝ち抜くビジネス
等々をイメージしたものである。
 巻頭部でそれらを一覧整理し、本文でその事例内容を記した。
  ex:2015年は「燃料電池車」元年      
      ex:太陽光発電は「空から宇宙へ」
      ex:風力発電は「山→海→空へ」
      ex:「琵琶湖モデル」の海外展開
      ex:水処理ビジネスに進出する大手IT企業
      ex:海外市場に本格参入する植物工場
  ex:etc
    本書は以下の2章で構成した。
  1.環境ビジネス白書2014年版の総括
   ・「環境最前線有望ビジネスを掌握する」の一覧表 
  2.ビジネス事例&市場・ビジネスデータ
 2は環境ビジネスを9大分類、37中分類し最新事例を吟味・収録した。
(9大分類項目)
 ・クリーンエネルギービジネス
 ・温暖化防止・大気汚染防止・空気浄化・異常気象ビジネス
 ・海洋・深海環境ビジネス
 ・河川・湖沼・養殖場等環境ビジネス
 ・水資源・水処理ビジネス
 ・地中・地下環境ビジネス
 ・省エネルギービジネス
 ・グリーンビジネス
 ・災害・防災・原発関連ビジネス
(発行日)2014年11月30日
(発行所)日本ビジネス開発株式会社
     〒559-0011大阪市住之江区北加賀屋5-2-10
     TEL06-6685-7992
     http://www.jbd-corp.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。