logo

画期的な研究がStretta、Seccaによる劇的な病理組織的変化を示す

Mederi Therapeutics Inc. 2014年12月24日 09時37分
From 共同通信PRワイヤー

画期的な研究がStretta、Seccaによる劇的な病理組織的変化を示す

AsiaNet 59037(1416)

【ノーウォーク(米コネティカット州)2014年12月22日】
*無作為研究が非切除の高周波治療は平滑筋の再生を力づけ、神経再成長を刺激しうることを示している

新たに発表された病理学者ブラインドの豚モデルでの研究はGERDに対するStretta療法(リンク )と便失禁に対するSecca療法(リンク )でもたらされた平滑筋への非切除の高周波(NARF)照射後の病理組織学的変化を調べた。高周波療法は一般に組織が破壊される切除の範囲に入ると考えられている。対照的に、この研究はこのユニークな低電力、低温の非切除タイプの高周波(NARF)はGI管の平滑筋括約筋ならびに外部肛門括約筋の骨格筋を改善する。この研究は治療された括約筋の筋肉の機能を再生させ、改善し、この衰弱性の障害に悩む患者に症状の改善を提供する複雑なメカニズムを確認している。

Infographic - リンク

この研究は傷ついた括約筋の存在におけるNARFの次のような利点を示している。
*平滑筋、骨格筋の筋繊維の肥大
*平滑筋のサイズと筋束の増大
*カハール間質細胞(ICC)の減少
*コラーゲンI/コラーゲンIII比率の増加を伴うコラーゲンI合成の促進
*過剰なコラーゲン沈着の後退による線維症の減少
*神経再支配(神経再成長)としてのタイプI、II繊維に対する同様の効果

研究の上級執筆者である米フロリダ州クリーブランド・クリニックの消化器病センター長兼大腸外科部長でMederi Therapeutics Incの有給コンサルタントのスティーブン・ウェクスナー博士は「ここで見られる再生は高周波治療の作用メカニズムを明確化するものであり、この研究の結果によってわれわれはGERD、便失禁の患者を助けることができる」とコメントしている。

この無作為研究は動物モデルで3部門-括約筋の筋肉に損傷を受けているが治療を受けない便失禁の実験モデル、括約筋に損傷があり、NARFによる治療を受けるグループ、活躍医筋に損傷はなく治療を受けない対比グループ-で実施された。10週間後、治療を受けた組織は切除され、保存された。結果を示すH&E染色、3色染色のスライドは組織標本の出所を知らない2人の病理学者によって調査された。

研究の首席執筆者で米フロリダ州クリーブランド・クリニックの病理学部長、研究所医療センター長、研究センター長で、Mederi Therapeutics Incの有給コンサルタントのマリアナ・バーホ博士は「この動物モデル研究の結果は高周波治療を受けた後で人間の下部食道括約筋と内部肛門括約筋に生じた変化を反映しているので極めて価値がある」と説明している。

この研究は、非切除の高周波使用は基本的な括約筋構造を思い起こさせる解剖学的状態をもたらす括約筋の深い形態学的変化を導くように思われるとの結論を下している。さらに、筋肉の再生はNARF療法、Stretta、SeccaがどのようにGERD、便失禁に伴う症状を改善するように作用するかを説明する。

この研究はColorectal Disease(リンク )にオンラインで発表された。

詳しい情報はwww.stretta-therapy.com 、www.secca-therapy.com へ。

▽Mederi(R)、Stretta(R)、Secca(R)について
Mederi Therapeuticsは消化器疾患を治療する非切除の高周波エネルギーを提供する革新的な医療機器であるStretta、Seccaを製造している。StrettaとSeccaは多くの研究で安全であり、効果があることが証明されており、長期のデータがあり、保険のカバーも増えている。Mederi Therapeuticsは世界的に利用可能である。

Mederiの本社は米コネティカット州ノーウォークにある。Mederiについての詳しい情報はwww.mederi-inc.com へ。

▽問い合わせ先
Julia Brannan
julia@pascalecommunications.com
+1-908-464-2470

ソース:Mederi Therapeutics Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事