logo

親子で骨とカルシウムについて楽しく学べるデジタル絵本「おわんくんの“骨”ってなぁに?」

ネスレ日本株式会社 2014年12月19日 19時02分
From Digital PR Platform


ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、骨と健康について親子で楽しく学べるデジタル絵本「おわんくんの“骨”ってなぁに?」を12月19日(金)よりネスレホームページ(リンク )にて公開します。

栄養・健康・ウエルネスをリードするネスレにとって、将来を担う子どもたちの健康は関心事のひとつです。ネスレは、子どもたちの健康的な生活には教育が最も効果的であると考えており、栄養教育プログラム「ネスレ ヘルシーキッズグローバル プログラム」など、様々な取り組みを行っています。

今回、日本では、子どもたちのカルシウム摂取不足や運動不足が課題であることから、「骨とカルシウム」をテーマに選び、親子で楽しく学べるデジタル絵本「おわんくんの“骨”ってなぁに?」を制作しました。

このデジタル絵本は、アニメーションやゲームも交えながら子どもたちが骨の健康について楽しく学べる絵本と、保護者の方やもっと詳しく知りたい子ども向けの解説部分の二つのパートで構成されています。
なぜ骨が大切なのか、なぜ骨の健康には栄養と運動の両面が重要なのかを学び、日々の生活習慣の中で意識を高めていただくことを目指しています。 

■デジタル絵本「おわんくんの“骨”ってなぁに?」概要
(1)子ども向け「絵本」
ストーリー:えいようランドで暮らす「おわんくん」が、食べ物や栄養、体のことを「ホネホネさん」、「はこつくん」、「こつがちゃん」たちと一緒に楽しく学んでいきます。
楽しく学べる機能:
・ナレーション機能付きで小さな子どもでも読みやすい構成
・タブレット上で、指でタッチして遊べるゲームやアニメーションを搭載

(2)保護者向け「なぜなに!?骨とカルシウム」
・絵本と連動し、骨と健康に関する理解を深めていただけるお役立ち情報掲載
・図鑑好きのもっと詳しく知りたい子どもたちも楽しめる情報、ヒントが満載

デジタル絵本アクセス方法
リンク)よりご覧ください(パソコンもタブレットも可能)。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事