logo

コラム「動画や画像を活用するお客様における無線LANの訴求ポイント」

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長 小川 仁司、以下:DSol)はCisco無線LANコラム「動画や画像を活用するお客様における無線LANの訴求ポイント」を公開しました。

###
総務省が2014年に発表した調査データ総務省「ビッグデータ時代における情報量の計測に係る調査研究」では日本国内のデータ流通量はこの8年で8.7倍に伸びています。

同様にIDC Japan 株式会社が2013年12月に発表した「国内外付型ディスクストレージ市場の実績と予測」を見ても、情報量は539PB(ペタバイト)で前年比168%となり、過去5年間で5倍の情報量となっていると予想しています。

データを裏読みすれば、今から5年前に導入された社内ネットワークの環境は、もしかしたら現在の利用情報量に対して窮屈になっており、今現在社内ネットワークに不満を感じている社員が多くいるかもしれません。

5年前との違いとしてスマートデバイスの普及や、クラウドサービスの普及が挙げられるのではないでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事