logo

「GUARDIANWALL 仮想アプライアンス版」の新ラインアップを2014年12月18日(木)より販売開始

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、仮想化基盤に対応したメールフィルタリング/アーカイブ製品「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)仮想アプライアンス版」の新ラインアップを2014年12月18日(木)より販売開始します。



■お客さまの声に応え、仮想アプライアンス版でも全文検索に対応したAdvancedモデルを販売開始
「GUARDIANWALL仮想アプライアンス版」はメールによる情報漏えい対策やメール監査、誤送信対策のソフトウェア「GUARDIANWALL」の仮想アプライアンス版です。2014年5月に販売を開始してから、「既存の仮想環境が活用できた」「導入時間が短縮できた」など、サーバー台数の削減やハードウェア資源の有効活用などを目的として仮想環境を導入しているお客さまから好評をいただいています。
このたび販売を開始する「GUARDIANWALL Ver.7.5.01 仮想アプライアンス版」は、メール監査を効率的に行いたいという要望を受けて、メールの本文や添付ファイルの中身の文字列など、きめ細かな検索を行える全文検索機能を搭載した「Advancedモデル」のラインアップを追加します。
また、可用性の向上やスケールアウトを行いたいという要望を受けて、Advancedモデル/Standardモデルともに複数台構成にも対応し、メールの流量が増えてもパフォーマンスの維持ができるようになりました。

■スマートデバイスに対応した最新機能を搭載
今回のリリースで、2014年9月に提供を開始した最新の「GUARDIANWALL Ver.7.5.01 Linux版」で対応したスマートデバイス向けの機能を、仮想アプライアンス版にも搭載しました。本機能により、社外からスマートフォンなどを利用してメールの本文や添付ファイル、ヘッダー情報などを閲覧でき、保留メールに対して、送出/削除/転送の操作をすることができます。

<「GUARDIANWALL」について>
メールに含まれるキーワードや添付ファイルの種類などの各種検査と、送受信先の配送条件を組み合わせることによって、情報漏えいを防止するメールフィルタリング/アーカイブソフトです。メール誤送信対策に有用な一時保留機能や添付ファイル自動暗号化機能、メールの利用状況を監査・確認するためのメールアーカイブおよび全文検索機能、統計情報やレポートの作成機能も備え、メールコンプライアンスの強化が実現できます。

<販売情報>
GUARDIANWALL 仮想アプライアンス版 希望小売価格(税別)
■Standardモデル
ユーザー数   新規価格    更新価格
   50   ¥1,185,000   ¥155,000
   100   ¥1,346,000   ¥176,000
   250   ¥1,691,000   ¥221,000
   500   ¥1,921,000   ¥251,000
  1,000   ¥2,323,000   ¥303,000
  1,500   ¥2,772,000   ¥362,000
  2,000   ¥3,220,000   ¥420,000
  2,500   ¥3,669,000   ¥479,000
 無制限   ¥4,566,000   ¥596,000

■Advancedモデル
ユーザー数   新規価格    更新価格
   50   ¥1,561,000   ¥191,000
   100   ¥1,791,000   ¥221,000
   250   ¥2,136,000   ¥266,000
   500   ¥2,481,000   ¥311,000
  1,000   ¥3,056,000   ¥386,000
  1,500   ¥3,631,000   ¥461,000
  2,000   ¥4,206,000   ¥536,000
  2,500   ¥4,781,000   ¥611,000
 無制限   ¥5,931,000   ¥761,000

※ 新規価格には、初年度1年間の使用許諾権と、契約期間中のバージョンアップ媒体送付ならびに電話・E-mailによるユーザーサポートが含まれます。
※ 2年目以降も継続使用をされる場合には、更新価格が適用されます。更新価格には、2年目以降1年間の使用許諾権と、契約期間中のバージョンアップ媒体送付ならびに電話・E-mailによるユーザーサポートが含まれます。
※ 仮想サーバー(ゲストOS)1台分の価格です。複数構成時の価格は別途お問い合わせください。
※ サービス提供業者様でご利用の場合はお問い合わせください。

<動作環境>
ハイパーバイザー  VMware ESXi 5.1、5.5
仮想CPU数      2コア
メモリー      4GB以上
仮想NIC枚数     1
ディスク容量    管理/検査同一構成 : 128GB以上
          検査サーバー   : 124GB以上
          管理サーバー   : 219GB以上

※ デプロイ時にvCenter Serverが必要です。
※ ディスク容量はデプロイ後の設定で拡張することができます。
※ 上記スペックは、仮想マシンのリソースになります。


<GUARDIANシリーズについて>
 GUARDIANシリーズは、キヤノンITSが独自開発・販売を行っている企業向け情報セキュリティ対策製品群です。メールフィルタリングソフトとして国内導入実績No.1(※)を誇る、メールフィルタリング/アーカイブソフト「GUARDIANWALL」をはじめ、Webフィルタリングソフト「WEBGUARDIAN」など、さまざまなセキュリティリスク対策に役立つソリューションを提供しています。
 詳細は【 リンク 】をご覧ください。
 
 (※)株式会社富士キメラ総研 2014ネットワークセキュリティビジネス調査総覧より

※仕様は予告なく変更する場合があります。

======================================================================
お問い合わせ先
----------------------------------------------------------------------
キヤノンITソリューションズ株式会社
セキュリティソリューション事業部
住所: 〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11
TEL : 03-6701-3434
URL : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事