logo

オリックス・ゴルフ・マネジメント、兵庫県内で運営する全ゴルフ場のクラブハウスに喫煙ブースを設置


オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社(本社:東京都目黒区、社長:小池 正昭、以下「OGM」)は、兵庫県の「受動喫煙の防止に関する条例」施行に伴い、このたび兵庫県内で運営する6つのゴルフ場のクラブハウスに、新たに喫煙ブースを設置しますのでお知らせします。

この条例は、兵庫県が受動喫煙を防止し健康で快適な生活の維持を図ることを目的に2013年4月1日に施行したもので、OGMではこれに伴い、兵庫県内で運営する6ゴルフ場において、2014年12月18日よりクラブハウス内を全館禁煙とし、喫煙ブースを設置いたします。なお、喫煙ブース設置工事に関しては、厚生労働省および兵庫県の補助金制度を使用する予定です。対象となるゴルフ場は、六甲カントリー倶楽部(西宮市)、ロータリーゴルフ倶楽部(神戸市)、三木セブンハンドレッド倶楽部(三木市)、富士OGMゴルフクラブ小野コース(小野市)、ローズウッドゴルフクラブ(小野市)、播州東洋ゴルフ倶楽部(加西市)(※)に喫煙ブースを設置いたします。
OGMでは、ご来場いただく皆さまが快適にお過ごしいただけるような活動を、今後も推進してまいります。

OGMは、今後も、「先進」「安定」「満足」の企業理念のもと、「1日を、大切にするゴルフ場へ。」をサービスブランドに掲げ、さらなるサービス向上に努め、ゴルファーの皆さまから、より一層愛されるゴルフ場を目指してまいります。

※OGMが兵庫県で運営するゴルフ練習場「OGMゴルフプラザ神戸(神戸市)」については、クラブハウスは2008年開業時から、打席棟については2013年4月から喫煙ブースを設置し、禁煙化しています。

 
=====================================================
<本リリースに関するお問い合わせ先> 
広報担当:古田(コダ)
TEL:03-5487-0562 リンク
=====================================================

※オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社は、オリックスグループ会社です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事