logo

TIM BrasilとXteraがブラジル北部と中西部で架空ケーブル上に光100Gネットワークを展開

Xtera Communications, Inc. 2014年12月17日 11時50分
From JCN Newswire

Dallas, TX, Dec 17, 2014 - ( JCN Newswire ) - ブラジルで急成長中の通信事業者のTIM Brasilが、ブラジル北部と中西部での長距離光伝送インフラのアップグレードのために、大手光ネットワーキングソリューションのグローバルプロバイダXtera Communications, Inc.の供給する100G光通信設備を採用しました。アップグレードされたインフラは、マナウス、ポルトヴェーリョおよびクイアバを結びます。今回の展開は、ブラジル全土の約50%に相当するブラジル北部地域の大規模リングを100G技術でアップグレードするための、TIM Brasilの施策の一環です。同様にXteraの100Gおよびラマンソリューションで実装されるLT Amazonas 2013展開と併せて、このプロジェクトはマナウスと北部地域全体を高帯域接続する2番目の経路を実現し、レジリエンスを拡張します。

TIMはポルトヴェーリョからクイアバへの経路(1,645km)とともに、マナウスからポルトヴェーリョの光ファイバ経路(1,010km)を敷設することで、急激な発展により帯域幅の需要が増大しているこの地域内の大容量リンクを2,600km以上延長します。2つの経路は架空光ケーブルで作られ、長距離高損失光ファイバを実現します。大容量かつ長距離全光リーチは、業界でもっとも先進的なラマン増幅ソリューションを提供するXteraのWise Raman(TM)技術により実現され、100Gと100G以上のチャネル速度の光パフォーマンスとオペレーショナルエクセレンスを併せ持っています。

「このように課題の大きな経路で、最小限の再生でマルチテラビット/秒の容量を達成する最初の通信事業者となるために、弊社はイノベーションに投資し、ブラジル全土のネットワークの改善および拡大を目指すTIMのコミットメントをさらに強化します。」と、TIM Brasil固定および伝送ネットワーク部長のCicero Olivieriは述べました。「これにより、コスト効果の高いブロードバンドサービスを実現することで、弊社の事業とお客様だけでなく、地域全体の人々に利益をもたらします。」

「多種多様な光ケーブルを介した大容量バックボーンインフラにおいて、Xteraの100Gソリューションの価値を再び実証する新たな機会を、TIM Brasilからいただき、非常に満足しています。」と、Xtera南北アメリカSVPのManuel Andradeは述べました。「弊社独自の現場実績のある先進的で統合されたラマン光増幅技術は、16年以上にわたる研究開発と10年以上の商業運用に裏付けられており、今後何年間もブロードバンドサービスの需要をサポートする堅牢なネットワークをTIM Brasilが実装することを可能にしています。」

Xteraは、2004年にWise Raman(TM)ソリューションと100nm光スペクトルのあるラマン増幅器をインストールし、バックボーンネットワークのラマン光増幅を開拓しました。Xteraはまた、2011年に100G商用ネットワークに軟判定前方誤り訂正(SD-FEC)を導入した最初のサプライヤです。2013年4月にXteraは、長距離海底ケーブルシステム用のラマン増幅を搭載した業界初の光ワイドバンド中継器を発表しました。2013年12月にXteraはXWDMソリューションを発表し、エルビウム添加ファイバ増幅器(EDFA)を使用する現在の100G光伝送システムで通常達成可能な範囲を6倍以上超える[容量x到達距離]の測定度を可能にしました。

地上バックボーンネットワークには、多目的Nu-Wave Optima(TM)光通信プラットフォームが、既存光インフラを介して4,500km以上で15Tbit/s、1,500km以上で64Tbit/sの比類ない回線容量を、中間リジェネレーションなしに提供します。非中継アプリケーションの容量では、最近410kmで15Tbit/sを伝送しました。

TIM Brasilについて

TIMは、ブラジルで第2位の規模の通信事業者で、プリペイドセグメントのトップ企業です。現在のお客様数は7400万社以上で、ブラジル国内で27%の市場シェアを占めています。その優れた業績は、同社のイノベーションの結果であり、すべての人々にとって手軽な価格のモバイルサービスを生み出すために、業界を大きく動かしています。

他のTIMの重点項目は、ネットワークとサービスの品質です。2016年から3年間、同社は、ブラジルのインフラ投資に割り当てられた110億レアルの90%まで投資する予定です。ネットワークの拡大と改善のために、Intelig (2009)やAES Atimus (2011)などの資産を買収し、LT Amazonasによるブラジル北部の光ファイバネットワークの設置で僻地に住む人々のデジタルインクルージョンを実現するなどの特別プロジェクトを実施します。同社はまた、ビジネスとお客様との関係の透明性も優先事項にしています。マイルストーンとなった2012年のPortas Abertas (オープンドア)ウェブサイト( www.tim.com.br/portasabertas リンク )開設により、消費者はTIMのサービス提供範囲とネットワーク拡張及び改善プロジェクトについてよく知ることができるようになりました。

TIMは現在も、電気通信業界でBM&FBOVESPAの「ニューマーケット」セグメントに上場している唯一の企業で、企業ガバナンスのレベルの高さで高く評価されています。この証券取引所では、Corporate Sustainability Index (ISE)とCarbon Efficient Index (ICO2)にも上場しています。詳しくは リンク または www.facebook.com/timbrasil リンク をご覧ください。

Xtera Communications, Inc.について

Xteraは、大容量地上および海底光バックボーンの供給を専門とする通信インフラ企業です。Xteraは、世界各国のネットワークおよびデータセンタ事業者に、最大の容量、到達距離、価値ターンキー光通信ソリューションを提供しています。Xteraはお客様が新規展開により市場到達度を拡大・促進し、既存ネットワーク資産の寿命をコスト効果の高いアップグレードで延長できるようにします。Xteraのポートフォリオには、光層設備や関連ネットワーク管理ソフトウェアスイートの他、光ネットワークの展開および管理サービスなどがあります。

詳しい情報は、 www.xtera.com リンク をご覧いただくか、 info@xtera.com にお問い合わせいただくか、LinkedIn、Twitter、FacebookおよびYouTubeをご利用ください。

LinkedIn: リンク
Twitter: リンク
Facebook: リンク
YouTube: リンク

お問合せ情報
プレスお問い合わせ先

Bertrand Clesca
Xtera Communications, Inc.
電話 +1-972-649-5135
電話 +33 1 45 48 15 67
メール bertrand.clesca@xtera.com

概要:Xtera Communications, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事