logo

アフガニスタンの人道上の貢献でバヤト財団のE・バヤト会長がAIHRC人権賞受賞

Bayat Foundation 2014年12月16日 14時10分
From 共同通信PRワイヤー

アフガニスタンの人道上の貢献でバヤト財団のE・バヤト会長がAIHRC人権賞受賞

AsiaNet 58969 (1394)

【カブール2014年12月16日PRN=共同通信JBN】アフガニスタン独立人権委員会(AIHRC)のシーマ・サマル会長(博士)は国連の世界人権宣言66周年記念に当たり人権上の功績を認めて、12月8日にイーサノラー(イーサン)・バヤト氏にAIHRC人権賞を授授与した。同賞は非営利団体バヤト財団(Bayat Foundation)を通じてアフガニスタン、特に農村地域の青年、女性、低所得者、高齢者の生活の質を向上することに顕著な人道上の貢献をしたことを顕彰する。

イーサン・バヤト氏は受賞を知らされて、「国連世界人権宣言66周年期間中に、この賞の受賞者としてAIHRCから選ばれたことは名誉なことである。人権に関するこの画期的な合意は、世界のすべての人々に平等の機会を強化し続けており、私自身は過去13年間、世界的な人権擁護の必要性を理解しながら新しい、現代的なアフガニスタンの発展に参加してきたことを名誉に思う」と語った。

バヤト氏はさらに「バヤト財団、Afghan Wireless Communication Company、あるいはAriana Television and Radioを通じてであろうが、過去13年にわたる私の人道的かつ事業上のすべての努力は、場所や言語のいかんに関わらず、国中の男女、子供が団結し、国家を再建、強化、前進させるのを願って、祖国の困難な数十年の期間中に生じた不平等を克服することをすべてのアフガン人が実現できるよう注力することだった。われわれは引き続き母国の人権教育を支援し、すべてのアフガン人の権利をさらに保護し、守るための努力を支援する。そうなれば、AIHRCによる今年の顕彰を謙虚に受け止めることを光栄に思う」と語った。

▽Ariana Television and Radio Networkについて
イーサノラー・バヤト氏が2005年に創設したAriana Television and Radio(ATN)はアフガニスタン最大の民間メディアチャンネルで、アフガニスタン34州のうち33州の2500万人をカバーしている。ATNは欧州、アジア、中東、北米に住むダリー語およびパシュトゥー語を話す視聴者向けに衛星放送を提供している。ATNの放送番組は情報、コンテンツ、エンターテインメントを重視して、教育、健康、子供番組、女性問題、世界情勢に特に重点を置いている。ATN放送チームは何かが起きた際に、正確で不偏のニュースを視聴者に届けることを大きな誇りにしている。

ATNは創設以来、社会的一体性と教育の1媒体になることを目標に掲げ、「明日の発展に向けたウインドー」を提供してきた。われわれの目標は、2つの全国テレビチャンネルと2つの全国ラジオチャンネル(ATNとATN News)を放送することで、世界中から集めた最高の国際芸術・文化をラジオおよびテレビの視聴者に提供するとともに、アフガニスタン社会の地元作家、プロデューサー、俳優、ディレクターの活躍の機会を広げることにある。プログラムはATNウェブサイトwww.arianatelevision.com か、HotBird、GlobeCast両衛星中継でアクセスすることができる。

▽Afghan Wirelessについて
イーサノラー・バヤト氏が創設したAfghan Wirelessは本社をカブールに置き、Telephone Systems International, Inc.(TSI)と通信省との合弁企業であり、アフガニスタン全土の400万以上の加入者にサービスを提供している。5500人余を直接雇用し、さらに10万人余りを間接雇用するAfghan Wirelessは、アフガニスタン全企業の中で最大の雇用者であり、住宅向け顧客と企業向け顧客に無線およびブロードバンド通信ソリューションを提供しているリーダーである。詳細はウェブサイトwww.afghan-wireless.com を参照。

▽バヤト財団(Bayat Foundation)について
バヤト財団は米国の内国歳入法第501条C項3号に登録された慈善組織であり、2005年以降、アフガニスタン国民の福利を促進している。イーサン・バヤト氏とファテマ・バヤト夫人が創設、運営する同財団はこれまで、アフガニスタンの若者、女性、貧困層、高齢者の生活の質を改善するため200以上のプロジェクトに基金提供している。プロジェクトには必要とする地域での新たな施設や持続可能なインフラの建設、健康、教育、経済、文化プログラムの促進が含まれている。詳しい情報はemailでinfo@bayatfoundation.org を参照。

▽問い合わせ先
Montgomery Simus,
m.simus@tsiglobe.com  
+1 702 809 6772

ソース:Bayat Foundation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。