logo

Rubyコラム「Dig Ruby!」の第3回 「bundle gem」が公開されました。

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はRubyコラム「Dig Ruby!」の第3回 「bundle gem」を公開しました。されました。

###
「Ruby開発」と聞いて皆さん何を思い浮かべられるでしょうか。
このサイトの他のコラムでもご紹介している、Ruby on Railsではないでしょうか。
この強力なフレームワークの存在ゆえ、「Railsを使わない、Rubyでのアプリケーション開発」というものがピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。

アプリケーションを作るということは、ソースコードを書いて保存することになります。
Rubyは自由な言語です。好きなところに好きなように書くことができます。
しかし、Railsのような「規約」やIDEのウィザードに慣れていますと、いきなり「ご自由にどうぞ!」と言われても戸惑ってしまうかも知れません。

「Railsなら、どこに何を書けば良いかわかるけれど・・・・・・」

そんな方のために、Dig Ruby! 第3回は足掛かりとなる「骨組み」を簡単に作る方法をご紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事