logo

新宿東口駅前に、「アートandギャラリー」をテーマとした献血ルームが新オープン!

日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センター 2014年12月17日 09時41分
From 共同通信PRワイヤー

平成26年12月15日

日本赤十字社 東京都赤十字血液センター(関東甲信越ブロック)

内覧会&写真家 菅原一剛氏によるトークイベント開催!
新宿東口駅前に、「アートandギャラリー」をテーマとした献血ルームが新オープン!
平成26年12月17日(水)14:00~

 東京都赤十字血液センターは、JR新宿東口駅徒歩1分の場所に「アートandギャラリー」をコンセプトとした東京都内15か所目となる献血ルームがオープンすることを記念し、平成26年12月17日(水)※に内覧会を開催いたします。また、内覧会の中で、写真家 菅原一剛氏によるトークイベントを併せて開催いたします。
 菅原一剛氏は、日本赤十字社の契約写真家であり、国内外における様々な赤十字の活動を、オフィシャルカメラマンとして取材に協力していただいています。今回のトークイベントでは、オープニング企画として同ルームで平成26年12月18日(木)から開催する写真展『赤十字への道』について、撮影秘話から写真の魅力に至るまで、実際の写真を見ながら語ります。
 報道機関の皆様には、番組や記事でのご紹介など周知活動にお力添えをいただきたく、何卒よろしくお願い致します。なお、本内覧会及びトークイベントには、一般の方もご参加いただけます。
※献血へのご協力は平成26年12月18日(木)からとなります。

【内覧会概要】
●日時 :平成26年12月17日(水)14:00~16:00(トークイベント開催時間は15:00~16:00)
●場所 :新宿東口駅前献血ルーム(住所:東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル10F)
●来場に際して:
 ・ 事前申込は不要です。(トークイベント時間帯のみのご来場も可)
 ・ 当日の来場者様の状況により、一時入場を制限させていただく場合があります。
 ・ 報道関係者の皆様だけでなく、一般の方の参加も可能です。お誘い合わせの上ぜひお越しください。

<新宿東口駅前献血ルーム コンセプト>
 新宿東口駅前献血ルームは、新宿という“多様性に富んだ街”を濾過した「シンプルな街の形」を表現した空間のなかに、「アート」に置き換えた新宿に古くからゆかりのある文化を融合させた、「新宿らしい」献血ルームの新しいカタチをご提供します。
 採血室にはアートデザインが施されている他、献血後の休息スペースにもギャラリーを設置しており、献血中のみならず、献血を終えられた後もゆっくりとご鑑賞いただけるスペースとなっています。ビルの最上階からの新宿の街を眺めながら、優雅なひと時をお過ごしいただける献血ルームです。

<写真家・菅原一剛氏と日本赤十字社の関わり>
 日本赤十字社契約写真家。国内外におけるさまざまな赤十字の活動を、オフィシャルカメラマンとして取材に協力していただいている。
2008年    バングラディシュにおけるサイクロン被災地救援活動取材
2009年    ケニアにおける保健衛生事業取材
2012年    Fox Japanが日本制作番組としてナショナル・ジオグラフィック協会から初めて公認を受けた番組『藤原紀香が巡る~赤十字とソルフェリーノの戦い~』クリエイティブ・ディレクター担当
2013年    イタリア・スイスにて赤十字の成り立ちをつづる写真集制作のための撮影取材
2014年5月  第1回ノーベル平和賞受賞者である、赤十字創設者アンリー・デュナンの足跡をたどった写真集「赤十字への道」を刊行



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事