logo

So-net、「Windows Server 2003」の移行支援メニューを追加 ~移行による検証とコスト抑制を図るラインナップを拡充~

ソネット株式会社 2014年12月12日 16時45分
From PR TIMES

リンク

ソネット株式会社(以下So-net)は、この度、企業の情報システム担当者を対象に、サーバーOS「Microsoft Windows Server 2003」(以下「Windows Server」)の移行支援メニューを追加しました。

「Windows Server 2003」および「Windows Server 2003 R2」は、2015年7月15日(日本時間)に延長サポートを終了します。終了後はセキュリティ更新プログラムの提供が停止されるため、リスクが増大します。今回のサポート終了を契機にオンプレミスからクラウドへのシステム移行の要望が高まっています。このような状況に対応すべく、「Windows Server 2003」の移行支援メニューを追加しました。

□ 移行支援メニュー 内容
 ○移行SIパッケージサービス
  ファイルサーバーおよびアクティブディレクトリーのサーバー移行について、現状調査から
  セットアップ、動作確認などを請け負うサービスです。
  移行先はクラウドおよびオンプレミスのどちらでも対応できるほか、移行だけではなく新規
  構築を実施することも可能です。
  ・参考URL:リンク
 ○仮想プライベートクラウド フリートライアルキャンペーン
  So-netでは「コスト削減」と「セキュリティリスク軽減」の2つを実現するため、パブリック
  とプライベートのハイブリット型の『bit-drive仮想プライベートクラウドサービス』を推奨して
  います。
  今回、最大で2週間試用できるフリートライアルキャンペーン(2015年7月末まで)を用意
  しました。試用期間中は、仮想マシンだけでなくネットワークを含めたトータルパフォーマン
  スをはじめ、マネジメントツールやポータルサイトの使いやすさを確認することができます。
  ・参考URL:リンク
  ※トライアル環境の提供は複数の条件が含まれるため、トライアルができない場合があります。
 ○仮想プライベートクラウド 移行期間無料キャンペーン
  『bit-drive仮想プライベートクラウドサービス』の初期費用、および並行運用期間(2カ月)
  の月額費用を無料にするキャンペーンを2015年3月末まで実施します。
  ・参考URL:リンク
  ※キャンペーンの適用にはいくつかの条件があります。詳細は上記を参照ください。

So-netでは、今後も多彩な支援メニューを提供し、「Windows Server」の移行に向けたサポートを行っていきます。

※ 記載されている会社名、製品名、ブランド名、サービス名は、全て各社の商標または登録商標です。

                                           以 上
 

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。