logo

【今年の英単語 2014】 西アフリカで流行した“エボラ出血熱”が話題に 『pandemic(全国・世界的流行病)』が第一位!

~12月12日『漢字の日』の裏企画!?~ 国内最大級のオンライン辞書「Weblio英和・和英辞典」会員に調査!

 ウェブリオ株式会社(東京都新宿区 代表取締役:辻村直也、以下ウェブリオ)は、2014年の世相を表す英単語を調査いたしました。“第一回 今年の英単語 2014”として、2014年12月12日(金)より特設サイト(URL:リンク)で調査結果を公開いたします。



 ウェブリオでは、国内最大級のオンライン英語辞書「Weblio英和・和英辞典」をはじめ、多くの英語関連事業を展開しています。その年の世相を表す漢字一文字を12月12日の漢字の日に発表する「今年の漢字」に合わせ、英語関連事業を展開するウェブリオならではの調査を企画。全国のウェブリオの会員(有効回答数894名)に2014年の世相を表す英単語についてアンケート調査を実施いたしました。

 以下がその調査結果となります。本調査結果を是非ご活用頂けますと幸いです。

【調査トピックス】----------------------------------------------------------------------------
西アフリカで流行が続く感染症“エボラ出血熱”が大きな話題に
今年の世相を表す英単語として『pandemic (全国・世界的流行病) 』が第一位に!
第二位 tax increase(増税) 第三位 invitation(誘致)
----------------------------------------------------------------------------------------------------

Q:今年の世相を表す英単語は何だと思いますか?(SA / N=894)
 今年の世相を表す英単語について伺ったところ、“pandemic【全国(世界)的流行病】”が288票と全体の3割が回答し第一位に。次いで、“tax increase【増税】”が117票で第二位、“invitation【誘致】”が115票と僅差で第三位という結果になりました。

第一位:pandemic【全国(世界)的流行病】
西アフリカで流行が続く“エボラ出血熱”。感染、感染疑いのある人は15,000人以上に。

 2014年、西アフリカで感染が広がった“エボラ出血熱”。フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症で、人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つとされています。WHO(世界保健機関)が11月19日に行った発表によると、エボラ出血熱を巡り感染やその疑いがある人は、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に合わせて15,145人に上るとされています。
 今年、この“エボラ出血熱”の被害に関するニュースが相次いだ事もあり、今回の調査では「全国(世界)的流行病」の意味を成す英単語“pandemic”が第一位に。894名の有効回答数のうち288名が回答、今回の調査で回答を得たウェブリオ会員の3割が “pandemic”を選択する結果となりました。
 さらに、“pandemic”の回答者を業種別(n20以上の業種)に見てみると、「医療・福祉」の46.6%、約半数が“pandemic”と回答し、業種別比較の回答割合が第一位になる結果に。回答者自身の職業と関連性のある“感染症”という話題が、2014年の大きなトピックスとなったことが伺えます。

第二位:tax increase【増税】
2014年4月、安部政権による消費税5%から8%への引き上げ。
さらに、2015年10月には10%への引き上げの賛否が問われている「増税」が、今年話題のトピックスに。

 2014年4月1日より、消費税5%から8%への引き上げが安部政権において施行されました。3月末までの増税前の駆け込み需要や増税後の日本経済への影響、さらに、2015年10月に10%への更なる引き上げについての賛否が問われているなど、「増税」は2014年話題のトピックスとなりました。
 こうした背景もあり、「増税」の意味を成す英単語“tax increase”が117名の票を集め、今年の世相を表す英単語として第二位となりました。さらに、“tax increase”の回答者を年齢別に見てみると、20~44歳ではいずれの年代も2割近くの回答率、45歳以上の年代と比べると約2倍近い回答率となっている事がわかりました。2014年、日本経済に影響を与えた「増税」は、20~40代のビジネスパーソンを中心に関心の高いトピックスとなった事が考えられます。
 2013年9月、2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会がブエノスアイレスで開かれ、東京が1964年以来56年ぶりの開催地として選ばれました。
 昨年に引き続き、2014年も東京オリンピックに関連する様々なニュースで話題となったこともあり、(開催地の)「誘致」の意味を成す“invitation”が115名の票を集め、第三位となりました。

第三位:invitation【誘致】
2013年9月、2020年に開催されるオリンピックの開催地として東京に決定。
2014年も昨年に引き続き、2020年開催の東京オリンピックに関連する様々なニュースで話題に。

 2013年9月、2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会がブエノスアイレスで開かれ、東京が1964年以来56年ぶりの開催地として選ばれました。
 昨年に引き続き、2014年も東京オリンピックに関連する様々なニュースで話題となったこともあり、(開催地の)「誘致」の意味を成す“invitation”が115名の票を集め、第三位となりました。


= 調査概要 =
■調査方法 :インターネット調査
■調査ツール :Quick-CROSS(クイッククロス)
■調査期間 :2014年11月14日(金)~21日(金)
■対象者 :ウェブリオ会員 男女894名
■調査対象地域 :全国
■調査対象者年代 :10代~70代以上
■英単語の意味について :Weblio英和・和英辞典( リンク )より
■特設サイトURL :リンク

【回答項目について】
1:Royal baby (英国王室に赤ちゃんが誕生したため) /2:meteorite (ロシアに隕石が落下したため)/ 3:invitation (2020年のオリンピックの東京招致成功を受け、昨年に引き続き、オリンピックに関連するニュースが多かったため) /4:World heritage (富士山が世界文化遺産に登録されたため) / 5:chemical weapon (シリア内戦で化学兵器が用いられたため) /6:head of state (中国で中国共産党の習近平総書記が国家主席に選出されたため) /7:monetary easing (日銀が4月4日に物価安定の目標のために金融緩和を発表したため) /8:democracy (アメリカで民主主義に基づく総選挙が行われたため) /9:tax increase (安部政権が消費税増税を決定したため) /10:shotgun wedding (数多くの芸能人が出来ちゃった結婚したため) /11:demonstration (香港で反政府デモが起きたため) /12:diplomacy (外交に関し、米オバマ大統領が来日したため) /13:occupation (台湾の学生が立法院を占拠するという学生運動が起きたため) /14::independence (イギリスからのスコットランド独立の是非を問う住民投票が行われたため) /15:pandemic (西アフリカを中心にエボラ出血熱が世界的に広がったため)/16:suspended (ロシアがウクライナ南部のクリミア半島を差し押さえたため)/17:dignity (アメリカの女性ブリタニー・メイナードが末期の脳腫瘍のため尊厳死をすることを事前にyoutubeで流し、話題になったため) /18:mounting (ドラマ「ファーストクラス」でマウンティング(女の格付け)が取り上げられたため) /19:mining (マウントゴックス社の経営破たんで話題となったビットコインの入手方法として「採掘」があげられるため) /20:ghostwriter (作曲家の新垣隆が佐村河内守氏のゴーストライターをしていたことがわかり、話題となったため) /21:その他

ご参考:ウェブリオについて
 ウェブリオは2005年、 オンライン辞書を専門としたサービスを提供する会社として設立されました。2006年より開始した、ウェブリオを代表するサービスであるWeblio英和・和英辞典は、研究社『新英和中辞典』『新和英中辞典』を中心に75種類の英和・和英辞典、464万語の英語と508万語の日本語を収録、合計約972万語の検索ができる国内最大級のオンライン英語辞書です。
 現在、Weblioを中心とするオンライン辞書、オンライン翻訳事業に加え、オンライン英会話事業や人材・求人事業など利用者の学び、キャリアを広く支援しています。

【会社概要】
■社名 :ウェブリオ株式会社
■代表取締役社長 :辻村 直也
■所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階
■URL :リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事