logo

大京、苦情対応マネジメントシステム「ISO10002/JISQ10002」の適合を宣言

株式会社大京 2014年12月11日 15時03分
From Digital PR Platform


株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽)は、設立50周年を迎えた本日、お客さまの声を真摯に受け止め、グループの力をあわせ価値ある商品やサービスを提供し続ける「お客さま価値経営」の実現のために、「苦情対応マネジメントシステムの国際規格(ISO10002)」に準拠した日本語版の標準規格「JISQ10002」に適合する手順およびプロセスを確立し、適切な運用を行っていることを宣言いたしましたのでお知らせします。

1964年の会社設立以来、この50年における当社グループの事業領域は、不動産開発事業にとどまらず、マンション管理事業、工事事業、不動産流通事業、ビル管理事業へと拡充し、グループトータルで新しい「住文化」を創造する企業グループへと成長してまいりました。次の50年に向けて目指すのは、お客さまに選ばれる「新しいDAIKYO グループ」です。その一歩として、「お客さまの声を活かす仕組み(苦情対応マネジメントシステム)」を適切に運用し続けることを社内外に宣言し、お客さま満足の更なる向上を図ってまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事