logo

サーファーのケリー・スレーター氏が「Outerknown」ブランドの経営幹部を採用

Outerknown 2014年12月10日 14時25分
From 共同通信PRワイヤー

サーファーのケリー・スレーター氏が「Outerknown」ブランドの経営幹部を採用

AsiaNet 58913 (1381)

【カルバーシティー(米カリフォルニア州)2014年12月9日PRN=共同通信JBN】
*ブランドのコア・ポジショニングを反映したファッション、販売および持続可能性部門の幹部登用

サーフィンの世界チャンピオン、ケリー・スレーター氏と彼の率いるチームはこのほど運営する現代既製服ブランド「Outerknown」(リンク )部門における重要人事を発表した。同ブランドは2015年秋物メンズウエア、2015年女性向けリゾートウエアを近く発表する。入念な選考過程を経て新たに選ばれた協力者はすべて、ブランドがコアバリューとする「スタイル」「持続可能性」「旅行」を自ら体現している人物である。

Photo - リンク

今年に入り、Outerknownは「バレンシアガ」「ボッテガ・ヴェネタ」「ステラ・マッカートニー」などのブランドを持ち、Outerknown の持続可能性に対するコミットメントを共有する世界的なファッション複合企業Kering Groupとの戦略提携を打ち出している。スレーター氏はまた、GQ誌の「ベスト・ニュー・メンズウエア・デザイナー」に選ばれたジョン・ムーア(John Moor)氏をスレーター氏と共にビジネスのかじ取りをするクリエーティブ・ディレクターに任命した。

ファッション・コンサルタントであり、以前、バーニーズ・ニューヨークでファッション・ディレクターを努め、Outerknownとは創業以来のつきあいがあるジュリー・ギルハート(Julie Gilhart)氏を取締役に加え、コンサルティングが正式に同氏の責任になった。その範囲にはブランド表現を開発する場合の戦略的なアドバイス役も含め、クリエーティブなプロセスすべてに関してデザイナーを教育すること、さらにデザイン、販売、制作、コミュニケーションなどの分野で貢献することなどが含まれる。

深い鑑識眼と人材を育てるショールーム「The News」を持ち、「アレキサンダーワン」「3.1フィリップリム」「ザ・ロウ」などのブランドを市場で立ち上げさせることに成功したステラ・イシイ(Stella Ishii)氏は米州および日本を担当するセールス・ディレクターに任命された。

シェリー・ゴッチャマー(Shelly Gottschamer)氏はサプライ・チェーンおよびサステイナビリティー担当のディレクターとしてOuterknownに加入し、今後、持続可能性と購買の両面で進歩的な同ハウスの制作部門を率いていくことになった。ゴッチャマー氏はLevi Strauss & Co.の購買部門での勤務を含め、最初からファッションと製品開発部門でキャリアを積んでおり、直近の5年はアウトドアウエア「パタゴニア」のスポーツウェア購買マネジャーとして同ブランドの高い透明性と環境的な意識で有名なサプライ・チェーンを見ていた。

スレーター氏は「イシイ、ギルハート、ゴッチャマーの各氏はそれぞれOuterknownでユニークな役割を与えられたが、これはデザイン界の一流人材とコラボレーションしてきた豊かな経験の歴史、バイヤーという仕事に対する生来の理解力、さらにファッション業界で持続可能性を追求するプラクティスを率いることに対するコミットメントを鑑みてのことである」として次のように述べた。「私のチーム同様、私もこのような強力な人材が当社に入社することをこの上なく喜んでいる」

ギルハート氏はこのブランドで働くことを決意した理由について「私は単に美しい服というだけでなく地球に対する負荷をより少なくすることを意図して作られた服を通して世界を真に経験する必要性を感じている。私としてはそういう価値観を持ったブランドで働きたいし、ケリー・スレーター氏はそのようなスタイルや考え方を訴えている」と述べた。

Outerknownは現在、2015年秋物コレクションを開発しており、ニュース、アップデート、およびコンテンツはウェブサイト(Outerknown.com、リンク )およびInstagram(@outerknown)で閲覧可能。販売関係の問い合わせはsishii@495news.com に連絡を。

ソース:Outerknown

▽問い合わせ先
Serious Business, krista@seriousbusinesspr.com、zoe@seriousbusinesspr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事