logo

アジア11カ国・地域で調査 人事・雇用の最新情報をつかむ!


株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役 中村良)は毎年ご好評をいただいている「日系企業における現地スタッフの給料と待遇に関する調査」のアジア編2015年版レポートをまとめ、12月10日、各国・地域版全11冊と横断編1冊を発売しました。

この調査レポートはアジアの11カ国・地域について、現地に進出している日系企業から寄せられたデータを基に、職種別給与支給額のほか、昇給率やボーナス水準、各種手当や福利厚生といった給料と待遇面での実態を国・地域別にまとめたものです。アジア編は1995年に創刊して以来、今年で21年目を迎えることができました。調査対象は中国、韓国、台湾、香港、インド、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアの11カ国・地域です。

今回の調査では、シンガポール、フィリピン、台湾で昇給率が前年より上昇したのに対し、マレーシア、インドネシアでは大きく下落しました。2015年の昇給率予測値は2014年の実績値より下落もしくは横ばいの国・地域が多数でした。マレーシア、インドネシアの昇給率下落は2013年に行われた最低賃金の大幅な引き上げの反動と考えられます。

詳細はこちらをご覧ください。
リンク


アジア各国・地域編レポートの特長
●全21職種の給与水準を地域別・業種別にグラフで分かりやすく分析しています。
●ボーナス・各種手当など給与の内訳や個別の詳細なデータも掲載しています。
●直近4年間の昇給率実績と2015年の予測値も公開、事業計画の策定に役立ちます。
●各国・地域の最近の法改正や労働関連法の基本的内容(法定労働時間、時間外労働と残業手当、定年退職など)に関する情報を日本語と英語(中国版は中国語)で掲載しています。

また、2015年より「アジア11カ国横断編」を新たに発売しました。「横断編」では、「2014年昇給率実績」、「2015年昇給率予測」、「21職種の職種別給与支給額」の各項目について、アジア11カ国・地域のデータを一覧で比較することが可能です。

なお、アジア編に続いて2015年版のアメリカ編とブラジル編を2015年3月に発売します。詳しくはこちらをご覧ください。レポートのサンプルも掲載中です。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事