logo

クラウドメール誤送信対策・アーカイブ『SPC Mail』、Office 365向けクラウドアクセスコントロール『Online Service Gate』とのセット提供を開始

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、同社の提供するクラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』及びクラウドメールアーカイブ『SPC Mailアーカイブ』と、ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下 ソフトバンク・テクノロジー)が提供するクラウドアクセスコントロール『Online Service Gate』を、Office 365を導入もしくは導入を予定しているユーザー向けに、セットにしたセキュリティ強化パックの提供を開始いたします。

ソフトバンク・テクノロジーが開発、販売を行う『Online Service Gate』は、主にOffice 365に対して、PCや携帯端末からの多要素認証、アクセス制御、シングルサインオンなどを提供するクラウドアクセスコントロールサービスです。導入実績として既に100,000アカウントを超えています。

昨今、Office 365環境でメール誤送信対策やメールアーカイブなどのメールセキュリティ機能の導入を検討されるお客様より、多要素認証やアクセス制限、シングルサインオンなどのご要望もいただいていました。

今回、ソフトバンク・テクノロジーとソースポッドはクラウドセキュリティ分野で協業し、第一弾としてOffice 365を導入もしくは導入を予定しているユーザー向けに、アクセスコントロールとメールセキュリティを合わせてご導入いただきやすいよう、クラウドアクセスコントロール『Online Service Gate』とクラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』及びクラウドメールアーカイブ『SPC Mailアーカイブ』をセットにした特別パックの提供を開始いたします。

今回の協業により、Office 365を導入もしくは導入を予定しているユーザーは、アクセスコントロールとメールセキュリティ機能を合わせて導入することができるため、より強固で幅広い情報漏えい対策を実施することができます。

ソフトバンク・テクノロジーとソースポッドは、今回の協業をはじめ、今後クラウドセキュリティ分野で積極的に連携し、お客様のより良いシステムの導入及び利用を支援してまいります。

■『Online Service Gate』について
Online Service Gateは、クラウドサービスをより安全、安心、便利に利用するためのクラウドアクセスコントロールサービスです。クラウドサービスの利用下において、社外からのアクセス制限やシングルサインオン環境を実現することができます。
リンク

■『SPC Mail』について
企業向けセキュリティ強固なクラウドメールサービス。クラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』、クラウドメールアーカイブ『SPC Mailアーカイブ』、企業に必要なメール機能を全てリーズナブルに標準提供する『SPC Mailエンタープライズ』、お客様の要件・仕様を100%+α満たすオーダーメード型クラウドメールサービス『SPC Mailオーダーメード』などのラインナップをご用意しています。
・クラウドメール誤送信対策『SPC Mailエスティー』の詳細については、下記を参照ください。
リンク
・クラウドメールアーカイブ『SPC Mailアーカイブ』の詳細については、下記を参照ください。
リンク

■ソフトバンク・テクノロジー株式会社について
ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、企業理念として「情報革命で人々を幸せに ~技術の力で、未来をつくる~」を掲げており、ICT サービスの提供を通じて、豊かな情報化社会の実現に貢献してまいります。
リンク

■株式会社ソースポッドについて
ソースポッドは、メールシステムに特化したプロフェッショナル集団です。「お客様のご要件を100%+α満たす」メールシステムを追求し、主にクラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションなどの事業を展開しています。
リンク

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ソースポッド
営業部
担当:三浦/水野/山本
TEL :03-5213-4842
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事