logo

STM32マイコンとセンサ・アプリケーション制御・通信等の先端機能を統合する新しいオープン開発環境を発表

STマイクロエレクトロニクス 2014年12月10日 09時51分
From PR TIMES

STM32 NucleoボードとSTM32Cubeソフトウェアに拡張ボードを組み合わせ、組込み設計を高効率化

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、新しい開発環境であるSTM32 Open Development Environmentを発表しました。この開発環境は、32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32ファミリと、IoT(Internet of Things)をはじめとするアプリケーションに必要な機能を提供する先進的な各種ST製品を組み合わせることで、革新的製品の開発効率を向上させます。

STM32 Open Development Environmentは、柔軟性と利便性が高い開発環境を低コストで提供します。ユーザは、STM32マイコン開発ボードのSTM32 Nucleoに、必要に応じた機能を有するスタック可能なSTM32 Nucleo用プラグイン拡張ボード(センサ、システム制御、通信、電源、オーディオ機能など)を組み合わせ、開発を始めることができます。これにより、最終設計にも利用できる各種製品を使用し、迅速な試作開発が可能なハードウェア・プラットフォームを構築できます。

無償ソフトウェアツール・パッケージであるSTM32Cubeは、IAR社のEWARM、Keil社のMDK-ARM、GCCベースのIDEなど、一般的な統合開発環境上で動作可能で、追加ソフトウェアのダウンロードやSTM32 Nucleoの設定により、選択した拡張ボード上に任意の機能を構築し、実行することができます。

STのマス・マーケット / オンライン・マーケティング・プログラム担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるPaul Grimmeは、次の様にコメントしています。「STは、組込みシステムの機能に不可欠な最先端のコンポーネントを幅広く提供しています。新しいSTM32 Open Development Environmentは、そのようなコンポーネントへのアクセスをモジュール化することで革新的なプロトタイプの開発環境を提供すると共に、開発期間を短縮します。STM32 Nucleoは500品種以上のSTM32マイコンおよび使いやすいオープン・ソースのソフトウェア・ライセンスでサポートされており、ユーザに幅広い選択肢を提供します。また、ユーザは使い慣れたIDE上で、自信をもって習熟した技術を発揮することができます。」

STM32ファミリは、超低消費電力のSTM32L0シリーズから超高性能のSTM32F7シリーズまで、幅広い製品で構成されています。STがこれまでに発表した、9種類のSTM32 Nucleoは、STM32F0/F1/F3/F4シリーズに加え、超低消費電力のSTM32L0/L1シリーズに対応しています。これらのボードにはST MorphoおよびArduino(TM)との互換性を備えたヘッダーが搭載され、さらに優れた拡張性を実現しています。

現在、STは、モーション・センサ、環境センサ、Bluetooth(R) Smart、モータ制御、近距離無線通信(NFC)に対応した拡張ボードを提供しています。バッテリ管理、Wi-Fi、Sub-GHz通信、照度・近接検知、オーディオ機能に対応した拡張ボードは、2014年末に提供が開始される予定です。STM32Cubeの拡張ソフトウェアは、STM32 Nucleoの全拡張ボードに無償で付属しており、STM32Cubeソフトウェア・フレームワークと互換性があります。また、STM32 Nucleoと互換性のあるサードパーティ製拡張ボードの利用も可能です。

STM32Cubeプラットフォームは、PC上で使用するグラフィカル・コンフィギュレータと初期化C言語コード・ジェネレータであるSTM32CubeMXに加え、対象のマイコンに適用できるハードウェア抽象化レイヤ(HAL)およびミドルウェアを含む、豊富な組込みソフトウェア・コンポーネントで構成されています。これにより、提供元の異なるソフトウェア間の相互依存性の評価が不要な利便性の高いパッケージとして、アプリケーション開発に必要な全ての汎用ソフトウェア・コンポーネントへのアクセスが提供されます。

STM32CubeMXおよび組込みソフトウェア・ライブラリは、リンク からダウンロード可能です。STM32 Nucleoおよび各種拡張ボードは現在量産中で、価格は10.32ドルです。詳細については、リンク をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2013年の売上は80.8億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。