logo

SettlementAnalytics(TM) 、世界的な訴訟および和解分析業務を開始

SettlementAnalytics 2014年12月09日 17時15分
From JCN Newswire

SettlementAnalyticsは、法的主張の価値評価、和解の意思決定、訴訟危機管理にゲーム理論やモンテカルロ法を応用した先駆者です。同社は訴訟および和解分析ソフトウェアを2015年1月に発表します。

Hong Kong, Dec 9, 2014 - ( JCN Newswire ) - SettlementAnalytics(TM) は本日、訴訟および賠償請求和解分析サービスの開始を発表しました。

SettlementAnalytics

SettlementAnalyticsは定量的(数値に基づいた)経済リサーチおよび助言を行う企業であり、訴訟価値評価、和解最適化、債権危機管理を重点的に扱っています。中心となる助言およびソフトウェアサービスは、同社の持つ定量的な訴訟および和解モデルから導き出されたものであり、ゲーム理論、情報経済学、財務分析、およびモンテカルロ法の概念を組み合わせたものです。

問題と解決法

SettlementAnalytics(TM)の手法は、賠償請求評価および和解最適化には、争いの両面性、裁判結果の不確実性、法的主張が根本的に持つ偶然性を適切に考慮しなければならない、という考えに基づいています。こういった複雑さを適切に考慮できない可能性があるため、既存の訴訟の金額設定、法的な費用、和解決定の手法では、誤りが生じやすくなります。

「これは非常に規模の大きな問題なのです。」とSettlementAnalyticsの創業者兼CEOであるRobert Parnellは語ります。「例えば、実証研究では、訴訟の約25%で被告が誤りを起こす一方、原告は約60%のケースで誤った和解をしていると示しています。そしてこれは訴訟当事者全員が懸念すべき規模の誤りなのです。」

「さらに大きな問題は、法経済学の問題は数学的に複雑であり、この複雑さが見過ごされた場合、結果として意思決定は最適のものとは程遠いものになりかねないという点です。定量的な手法と過去のデータマイニングは時として役に立ちますが、同時に未完成の信用できない像を作り上げてしまう可能性もあります。弊社独自の手法では、訴訟および和解決定の純粋な経済的合理性に重点を置き、これにより訴訟当事者にとって、実践的かつ/またはデータのバイアスへの重要な抑制と均衡が生まれると考えています。」

SettlementAnalyticsは定量的なモデルとソフトウェアを通して、賠償請求評価および和解の意思決定の誤りを減らすことを目指しています。「万能薬となる定量モデルはありませんが、弊社の手法は、訴訟や保険金請求といった不慮の債務の科学的かつ合理的な分析に向けての大きな一歩であると信じています」とParnellは語っています。

ソフトウェアリリース

SettlementAnalytics は訴訟・和解最適化ソフトウェアOptiSettle(TM)を1月にリリースします。OptiSettleは訴訟金額の設定および債権危機管理の包括的枠組みとなります。

「OptiSettleはこの分野で弊社が持つモデルを組み入れ、1つの解析概念のもと法経済学と金融経済学の最高の概念をシームレスに統合したものです。これはゲーム理論とモンテカルロ法を訴訟および和解意思決定に初めて応用した先駆けとなるものなのです。」とParnellは語ります。

定量的予測

OptiSettleの分析構造の重要な特徴は、訴訟当事者が裁判および和解の両場面において損害賠償額の価値を検証することができる点です。このためこのシステムの分析手法は、単純な裁判予測と決定木モデルとは大きく異なります。Parnellによると「たとえ全ての法的な争いのうち95%が裁判所の判決前に解決しているとしても、分析的に、純粋な裁判予測システムを超えることが重要なのです。」

またOptiSettleは、賠償請求評価および和解意思決定のプロセスに定量的な厳密性をもたらします。裁判予測を和解決定へ向ける従来の方法は、主に定性的で直感的であるのに対し。OptiSettleを使用すると、訴訟当事者たちは、検証可能な実例に基づいた、より体系的かつ定量的な手法を確立することが可能になります。「法的主張が企業価値を算出する上でさらに大きな部分を占めるにつれ、OptiSettleは主張開示と和解金額決定への合理的で正当な基盤となって皆様をサポートします。」

法技術の動向

SettlementAnalyticsは訴訟への技術の応用に向けた新たなトレンドを担っており、堅実な成長を見込んでいます。「この傾向はまだ始まったばかりで、訴訟費用はうなぎのぼりのため、訴訟決定への定量的なアプローチは、ますます説得力のあるものになる」とParnellは考えています。

「しかし、法技術へのトレンドを超えて、もっと根本的なパラダイムシフトがあると私たちは信じています。法的権限と原価中心点主義という特質から、投資権限とリスク調整後のリターン主義という特質へ、そして裁判中心、裁判最大化から、主張中心、主張最大化へのシフトです。」

「この技術は現在、資産、リスク、ポートフォリオの管理方法を、法的な主張のポートフォリオに応用しています。これはこれまで年金基金、不動産、財務残高といった、より従来型の法人資産向けに使用されていたものです。言いかえれば、この技術を利用して法的主張をポートフォリオとして見ているだけでなく、投資管理というレンズを通してすべての訴訟決定を検証しているのです。」

「訴訟管理において興味深い時期を迎えており、私たちはこの変化する風景の一部となれることに興奮しています。」

SettlementAnalyticsについて

SettlementAnalyticsは、訴訟価値評価、和解交渉最適化、および債権危機管理を重点的に扱う経済研究、コンサルティング、ソフトウェア開発企業です。訴訟や賠償請求和解のあらゆる局面において、科学的かつ量的な方法の応用を進めることに尽力しています。SettlementAnalyticsは、香港を拠点とする経済コンサルティング会社 Macro Research Associates Limitedの法経済学研究および助言機関です。SettlementAnalyticsについての詳細は www.SettlementAnalytics.com リンク でご覧いただけます。

お問い合わせ先
詳細情報のお問い合わせ先:

Robert J. Parnell, CFA
創業者兼CEO
Tel: +852 3589 3377
Email: info@settlementanalytics.com
SettlementAnalytics.com

SettlementAnalytics
Macro Research Associates Limited
1301 Bank of America Tower
12 Harcourt Road, Suite 1479
Central, Hong Kong

概要:SettlementAnalytics

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。