logo

スウェーデン色あふれるBODW2014が閉幕 香港デザインセンターが主催

香港デザインセンター 2014年12月09日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

スウェーデン色あふれるBODW2014が閉幕 香港デザインセンターが主催

AsiaNet 58879(1365)

【香港2014年12月8日PRN=共同通信JBN】香港デザインセンター(Hong Kong Design Centre、HKDC)が主催するアジアのデザイン、イノベーション、ブランドに関する年次フラグシッププログラムBusiness of Design Week(BODW)2014が成功のうちに閉幕した。BODWは1週間にわたり、示唆に富むセッション、展示、授賞式、およびスウェーデンと香港両地域のリビングデザインをめぐる並行プログラムを展開した。

▽アジアのデザイン・ロードマップ
BODW2014では、100を超える国際ビジネスリーダーや創造力豊かな人々の強力なラインアップがデザイン着想の世界、業界内成功の見識を披露した。彼らはアブソルートウォッカ、H&M、イケア、ボルボなどパートナー国スウェーデンの有名ブランド、Banyan Trees、日産自動車、OMA 、ヴァンクリーフ&アーペルを含むその他の多国籍企業から参集した。

HKDCのビクター・ロー会長は「BODWはアジア有数のデザイン交流プラットフォームに成長、世界の著名なデザインの達人や影響力ある財界人が集まり、ネットワークに価値のあるプラットフォームを提供、アイデアを交換、企業間協力を推進し、香港をこの地域のデザインの中心地に押し上げた」と語った。

▽デザインの卓越性を称賛
12年目になるBODWは、デザインとビジネス間の極めて重要な関係と複雑な相互作用に焦点を当てることによって、企業のデザイン力解放を奨励した。このため、BODW2014はデザイナー、設計者、ファッション専門家、創造力あふれる洞察者、業界リーダー、教育家、中小企業(SME)、一般大衆がアイデアや見識を交換する比類ない機会を支えた。

BODW2014はまた、スウェーデンと10年ぶりに再結合する場になり、1週間の討議を通じて思考、着想、専門的見解を共有するために偉大なスウェーデン・デザインの頭脳および人材をもたらした。機能性、持続可能性、美を強調することで定評があるスウェーデンは「Living Design: Live It, Work It, Wear It, Do It」のテーマの下、この年次会議に独特のスカンジナビアタッチを提供した。

12月5日のガラディナーで杉浦康平氏にDFA Lifetime Achievement Award(DFALAA)、ホー・コンピン氏にDesign Leadership Award(DLA)、アーノルド・チャン氏にWorld's Outstanding Chinese Designer(WOCD)がそれぞれ授与された。Design for Asia Awards 、Hong Kong Young Design Talent Award(HKYDTA)の受賞者とともに、彼らの受賞プロジェクトは12月4日から6日まで、Inno Design Tech Expoの一環としてDFA Awards Exhibitionで展示された。

デザインウィーク期間中、D-Student X-Change Programme、DesignEd Asia Conference、Business of IP Asia Forum、Global Design Networkなどその他のプログラムも並行開催された。

▽2015年のパートナー都市はバルセロナ
今後について、BODWは来年のパートナー都市として、創造性、デザイン、革新性の国際首都の1つ、バルセロナを発表した。バルセロナのザビエル・トリアス市長は招待に謝意を表明、BODW2015が「バルセロナと香港の友好協力の絆を固め、カタルーニャとアジア双方の企業による新たな経済活動機会の探求が可能になる」と語った。

BODW2015は引き続き、業界リーダー、デザイナー、一般人が着想だけでなく、経済成長と真のグローバル経済の向上のためにデザインとビジネスがいかに協力できるか、地域の見解を交換できる場を提供する。

プログラム・ウェブサイト
BODW2014: リンク
DFA Awards 2014: リンク
DETOUR2014: リンク
Photo download: リンク

▽報道関係問い合わせ先
Elina Lee
Tel: +852-3793-8495
Fax: +852-2892-2621
Email: elina.lee@hkdesigncentre.org

ソース:Hong Kong Design Centre

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事