logo

「淡麗プラチナダブル」好調につき、年間販売予定数を約260万ケースに上方修正

キリンビール株式会社 2014年12月09日 09時58分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)が9月2日(火)に発売した「プリン体0.00※1×糖質0※2」と本格的なうまさを両立した発泡酒「淡麗プラチナダブル」の販売数量が、発売から約3カ月で、7,000万本(350ml 缶換算)※3を突破しました。12月中旬には年間販売目標を突破する見込みから、年間販売予定数を240万ケース※4からさらに約260万ケースに上方修正します。
※1 100ml当たりプリン体0.005mg未満を「プリン体0.00」と表示している
※2 栄養表示基準による
※3 大びん換算すると約200万ケース
※4 大びん換算による

世界初の当社独自の特許技術「プリン体カット製法」※5を使用し、うまさを残してプリン体をカットした「淡麗プラチナダブル」は、「プリン体0.00×糖質0」でありながら、淡麗Ⓡブランドならではの爽快なキレと飲みごたえを味わえる機能系発泡酒です。
当社調査によると、「淡麗プラチナダブル」を飲用いただいた約9割のお客様が「おいしい」と回答しています。また、「淡麗Ⓡブランドならではのキレとコクのバランスが良い」、「すっきりして飲みやすい」など、2万件以上の感想や期待の声が寄せられており、淡麗Ⓡブランドらしい味わいが評価されています。
※5 特許番号:第3730935号。発泡酒中に含まれるプリン体を効果的に除去する



1.商品名:「淡麗プラチナダブル」
2.発売地域:全国 
3.発売日:2014年9月2日(火)
4.容量/容器:350ml缶、500ml缶
5.価格:オープン価格
6.アルコール分:5.5%
7.販売予定数(上方修正後):約260万ケース(33,000KL)※大びん換算
8.製造工場:キリンビール取手工場、岡山工場

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事