logo

TBWA HAKUHODO QUANTUMが ウォンテッドリー株式会社の「スタートアッププログラム」 が利用できる人材採用支援プログラムを開始

株式会社TBWA HAKUHODO 2014年12月08日 14時34分
From Digital PR Platform


株式会社 TBWA HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO: 座間一郎) が立ち上げた新組織「TBWA HAKUHODO QUANTUM(以下クオンタム)」が運営する、コーポレート・アクセラレーター運営サービス「QUANTUM Accelerator(クオンタム アクセラレーター)」は、ソーシャルメディア時代の採用広報ツール、Wantedly(ウォンテッドリー)を運営する、ウォンテッドリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:仲暁子)の協力の元、スタートアップ企業向け人材採用支援プログラムを開始いたしました。

TBWA HAKUHODO QUANTUMでは、すでにアマゾン データサービス ジャパン株式会社、さくらインターネット株式会社、日本マイクロソフト株式会社、グーグル株式会社の4社協力のもと開発環境支援プログラムを開始しておりますが、ウォンテッドリー株式会社の「スタートアッププログラム」は、初の人材採用支援プログラムとなります。

【ウォンテッドリー株式会社 スタートアッププログラム 】
参加条件を満たした、スタートアップ企業に対し、「ビジネス」プラン相当の機能を無償で3ヶ月利用可能。
 
■ 特典詳細: リンク

■ QUANTUM Accelerator(クオンタム アクセラレーター)について
(リンク )
大企業とスタートアップによる共同事業開発モデルであるコーポレート・アクセラレーター運営サービスを主軸とした「スタートアップの革新的な技術やアイデア」と「大企業のパワー」の共創による事業開発の包括的な支援を行います。
また、TBWAのグローバルネットワークや博報堂グループの知見を生かし、スポンサーとなる大企業とプロジェクトに参画するスタートアップの双方に精通したプロジェクトマネージャーによる運営、経験豊富なデザイナーやエンジニアを含む多様なクリエイティブ人材やグロースハッカーチームによるサポートを提供します。
QUANTUMは、大企業とスタートアップ企業の連携は日本にイノベーションの生態系を構築する上での重要なテーマの一つと考え、様々な提携を推進しいくために、スタートアップ企業を対象とした支援サービスを今後も展開していきます。

■株式会社TBWA HAKUHODO(TBWA博報堂)について 
リンク
2006年に博報堂60%、TBWAワールドワイド40%出資のジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社です。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」をベースにした博報堂のクリエイティブ力や研究開発力、博報堂グループのネットワークを活用した質の高いメディアサービス、プロモーションサービスと、TBWA がグローバル市場で駆使してきた「ディスラプション(創造的破壊)」メソッドを中心とした独自のノウハウを融合させた、質の高いソリューションを創造しクライアントに提供することで、クライアントのビジネスの成長に貢献しています。
TBWA博報堂は、設立後8年間で急速な成長を続け、「International Agency of the Year」(米国で最も権威ある広告・マーケティング誌『Advertising Age』より)2012年受賞、「Creative Agency of the Year」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジアのサブ・リージョナル部門2010、2011年、日本部門2012、2013年、2014年連続受賞)、「Agency Head of the Year 」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジア部門2011年受賞、日本・韓国部門2013年、2014年受賞)、など数々の広告賞を受賞しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事