logo

「AQUA SOCIAL FES!! 」 2012年から3年間の取り組みの結果 累計参加者数34,215人を達成。

株式会社トヨタマーケティングジャパン 2014年12月08日 13時40分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月8日

株式会社トヨタマーケティングジャパン

~トヨタのハイブリッド車「アクア」のキャンペーン~
「AQUA SOCIAL FES!! 」
2012年から3年間の取り組みの結果
累計参加者数34,215人を達成。

30歳以下の若年層の参加率が約6割(63.6%)
AQUAブランドへの高い共感率を獲得(72.0%)

(株)トヨタマーケティングジャパンが、ハイブリッド車「アクア」の発売にあたり展開している、一般参加型の社会貢献プロモーション「AQUA SOCIAL FES!!(アクアソーシャルフェス)」は2014年で開始3年目を迎えました。3年目を迎えた本年度は、地元NPOや地元ディーラーがより積極的に参加し、意義を見出してくれる活動として成果を上げることができました。このプロモーション活動を通して地域と連動した環境保全を成果として残し、若者の参加率向上、活動を通した高いブランド共感を獲得することができました。

 アクアは2012年3月より、水をテーマにした自然環境を守る、一般参加型の新しいアクションプログラム「AQUA SOCIAL FES!!(アクア ソーシャル フェス)」を全都道府県で展開しており、12月7日の「みんなの北上川流域再生プロジェクト ~津波で被害を受けた河口の再生をめざして、ヨシ刈りをしよう~」の実施をもって、全国47都道府県でのべ344回(うち本年は106回)の開催が終了。合計参加者数は34,215人(うち本年は11,533人)となりました。

 「AQUA SOCIAL FES!!」は、「あしたの『いいね!』をつくるんだ。」というスローガンのもと、
その車名にちなみ、「水」をテーマとした地元の自然環境を保護・保全する地域社会貢献活動を実施し、外部有識者の監修のもと、各地のメディア、NPOなどと連携し、47都道府県で地域の皆様とトヨタが、一緒になって実際に汗を流すプログラムです。

 このプログラムは、企業の「商品プロモーション」と「社会貢献活動」の両立であり、さらに、参加したお客様個人も楽しんでいただける活動です。企業・社会・個人が共に成長する、いわば「共成長マーケティング」を提唱して参りました。今後もこの活動が地域に根付くよう、推進して参ります。

■アクアをマイナーチェンジ
TOYOTAはアクアをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月8日に発売した。
今回のマイナーチェンジでは、アクアの個性を一層際立たせることを目指し、クロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN」を設定したほか、内外装の意匠を変更。外装は先進的かつアクティブな印象とし、内装は上質さを強調するデザインとした。また、自分だけのアクアを選べるように、外板色14色、内装色7色に、「X-URBAN」専用パーツカラーオプションを組み合わせ、174通りのカラーバリエーション*1を実現した。さらに、世界トップ*2の燃費性能37.0km/L(JC08モード走行燃費)*3はそのままに、操縦安定性・快適性も向上させている。

*1 「シャイニーデコレーション」オプション選択時のメッキ加飾車も含めてカウント
*2 2014年12月8日現在。トヨタ自動車調べ。
  量産ガソリン乗用車(除くプラグインハイブリッド車)での比較
*3 国土交通省審査値。X-URBAN除く

■「AQUA SOCIAL FES!!2014」実施概要

・実施時期:2014年4月から(2014年4月27日~12月7日) 
・実施地域:全国47都道府県
・ウェフ゛サイト:公式ホームページ  リンク
      facebookページ  リンク

■ 参考:「AQUA SOCIAL FES!!2014」成果
昨年に続き、年間で合計1万人を超える参加者を獲得し、3年間での累計参加者数も3万人を突破。
またAQUAブランドへの高い共感率を獲得することができた。

【開催結果/各賞受賞】
<2012-2014年実績>
・開催回数  :344回
・参加者合計 :34,215人 
・受賞歴:カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル金賞受賞
     グッドデザイン・サステナブルデザイン賞(経済産業大臣賞)
     第5回日本マーケティング大賞グランプリ受賞、Spikes Asia金賞受賞

【参加者アンケート結果】
・参加者平均年齢 :27.5歳(30代以下63.6% )
・フェスへの共感率:93.3%
・フェスに参加して達成感があった    :90.6%
・フェスに参加して地域への関心が高まった:90.3%
・フェスを周囲へ伝えたい(拡散意向)    :89.8%
・フェスにまた参加したい(再参加意向) :91.8%

・アクアブランドへの共感率:72.0%
・アクアへの興味関心   :62.6%

<調査概要>

・調査方法:来場者調査(自記入式)
・回収数  :5042s 
・実施期間:2014年4月~9月

【3年間の取り組みの結果(一部)】
・美しい海岸と川を守るためのゴミ拾い
  ゴミ総量:111.5t
・生態系を守るために外来種の駆除
  アメリカザリガニ846匹 ブラックバス26匹 ミシシッピアカミミガメ26匹 アレチウリ4,350m2
・これからの自然を守るための植樹
  植物ポット4,720苗 アマモ180本 シラカシ100本 畑の畝14,600m2 
  稲121,900本 広葉樹600本
・生態系を守るために在来種の放流
  ヤマメ63,000匹 ゲンジボタル150匹 鮭1000匹 ウミホタル2000匹
  アユ11,500匹 カブトガニ960匹







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事