logo

アプリをダウンロードせずに疑似的に体験させられる プロモーションソリューション「AdPlay(アドプレイ)」を提供開始

~ユーザに、ダウンロードする前にアプリを体験させることのできる新しいプロモーション手法~



株式会社D2C R(本社:東京都港区、代表取締役社長:本間 広宣、以下D2C R)は、台湾のVMFive(本社:台北、CEO:Sam Ding 以下 VMFive)が開発したスマートフォン向けアプリのプロモーションソリューション「AdPlay」の提供を、本日、2014年12月8日(月)より開始しました。また、それに伴い、「AdPlay」と広告効果測定ソリューションツール「ART(アート)(Advertising Response Tracking)」の連携も行いました。

「AdPlay」は、ユーザがスマートフォンアプリやサイト上の広告クリエーティブをタップすると、広告対象であるアプリをそのサイト上で1分間無料体験プレイすることができるソリューションです。これにより、ユーザはダウンロードすることなくアプリを疑似的にプレイできるので、これまでより正確にアプリの内容を理解し、ダウンロードの要否を検討することが可能となります。

また、従来はスクリーンショットや動画などによってアプリ内容を説明するケースが大半でしたが、実際にアプリをユーザに体験してもらえることで、アプリ提供企業は自社アプリを最大限にPRし、これまで取り込めていなかったユーザ獲得を図ることが可能になります。

「AdPlay」は、iOS(TM)、Android(TM) OSに対応しており、あらゆるサイトやアドネットワークに組み込むことが可能です。

アプリのAPKファイル(アプリケーションファイル)を「AdPlay」に組み込むことにより、サイト上でアプリと同様の動作をさせることが可能になります。

また、「AdPlay」と「ART」を連携させたことにより、D2C Rは、広告主に「AdPlay」を経由したさまざまなユーザの導線や行動履歴も提供いたします。

今後も、D2C Rは、広告主のアプリマーケティングに対する要望に応える商品・サービスの開発、提供に努めてまいります。

「AdPlay」の画面遷移とデモ動画は、下記をご参照ください。


※「iOS商標」は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
※「Android」は、Google Inc.の商標です。

(参考)
<D2C Rとは>
株式会社D2C Rは、アプリ配信企業やコンテンツプロバイダをはじめとする広告主のニーズにマッチした、効果的な広告の開発・提供を行うアプリマーケティング会社です。
D2C Rでは、企業が提供する良質なアプリコンテンツやサービスに関する情報を、より多くの生活者に届けることを通じて、生活者の生活をより豊かにします。また、モバイルコンテンツ市場の健全な発展に寄与すべく、安心かつ効果的なアプリマーケティングサービスを提供しています。

<VMFiveとは>
VMFiveは、台湾の台北に本社を置く、革新的なモバイル広告ソリューションを提供しているクラウド・テクノロジー企業です。VMFiveは、台湾、香港、北京で事業を展開しています。


AdPlayのデモ動画
リンク


AdPlayの画面遷移

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事