logo

話題の“ヨウカイマメズ”が、2014アジアデジタルアートアワード「動画部門」入賞!!! 原宿にて3か月連続個展&LIVEが決定!! LINEに続々スタンプが登場!!!



株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水英明)が、妖怪芸術家スタジオマメズと共にプロデュースする、アートプロジェクト「ヨウカイマメズ」のアニメーション「妖怪マメズYOKAIMAMES プロローグ完全版」が、アジアデジタルアートアワード2014( リンク )の動画部門に入賞しました。

このアワードは九州大学、福岡県その他の主催による、メディアテクノロジーとアートが融合し、更に、アジアの文化、風土に根差した世界レベルのメディアアート作品の公募展です。(スタジオマメズは2011年度静止画部門にて入賞)

スタジオマメズは、日本の妖怪を新しい発想で描き下ろし、色鮮やかでシンプル&スタイリッシュなオリジナルキャラクターとして現代に、POPに蘇らせています。伝承される文献を元に、着物を脱いだオシャレな妖怪たちを表現するなど、既成概念にとらわれないアート作品が注目されております。

そして、12月8日(月)には、LINEクリエイターズマーケットにて、スタンプ「なにわのカッパ・河太郎 by ヨウカイマメズ」の販売がスタート。

更に、2015年1月~3月に原宿ストロボカフェにて、3か月連続で個展とライブをミックスしたイベント「Live Gallery ヨウカイマメズ Exhibision」を開催します。

このイベントは、個展期間中の夜帯に、ミュージシャンたちの音楽ライブをスタジオマメズが創り出す空間でお楽しみ頂く内容となっております。尚、初日の1月22日(木)は、入場無料のレセプションを開催します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。