logo

シスコとIBMが統合インフラ・ソリューションでデータセンター改革を促進

IBM 2014年12月05日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

シスコとIBMが統合インフラ・ソリューションでデータセンター改革を促進

AsiaNet 58868(1360)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2014年12月4日PRN=共同通信JBN】
*VersaStack(TM)ソリューションがシスコ(Cisco)のUCS Integrated InfrastructureとIBMのStorwizeを結合

クラウド、ビッグデータ、インターネット・オブ・シングス(IoT)がデータセンターの近代化を進める中、シスコ(NASDAQ: CSCO)とIBM(NYSE: IBM、リンク )は4日、シスコのUCS Integrated Infrastructure (リンク )とIBMのStorwizeストレージ・システムの効率性を一体化する統合ソリューションのリリースを発表した。

各国のIBM公認ビジネス・パートナーから入手できるVersaStack(TM)ソリューション(リンク )はクラウド、ビッグデータ、分析およびモビリティー展開に高水準の簡便性、効率、多用途を提供するよう設計されている。このプラットフォームはIBMのビジネスアプリ向けに徐々に最適化、同時にシスコ(R)のApplication Centric Infrastructure(ACI、リンク )とCisco Intercloud Fabric(リンク )のようなシスコのイノベーションを統合する。

迅速な展開・管理オプションを提供するソリューションを求める最高情報責任者(CIO)らはますます、フルスタックのデータセンター・テクノロジーが包括的な運用・管理向けに設計されている事前テスト済みでサポートされたシステムに組み込まれた統合システムに関心を向けつつある。その結果、統合インフラ・ソリューションの人気は急速に増大している。IDC(注1)によると、統合システムに対する世界全体の支出は年間32.8%成長、2017年には約143億7000万ドルに達する見通し(2013年は54億ドル)。

シスコでデータセンター・ソリューションを担当するサティンダー・セティ副社長は「今日の組織はITインフラに簡便性、効率性、多用途性を要求している。VersaStackは顧客相互のITインフラの合理的展開・営業に役立つ。それはモビリティー、データ分析からクラウド基盤のインタークラウドやアプリ重視のインフラまで、シスコとIBM間のイノベーションの基礎も提供する」と語った。

IBMのBusiness Line Executive Storage Systems担当のローラ・グイオ副社長は「クラウド、モバイル、ビッグデータがデータセンターに課題を突きつけ、それを変容し続けており、より多くの組織がVersaStackのような革新的ソリューションに支援を求めている。IBM Storwizeは管理を容易にし、データセンターの業績を向上させるうえで、大半の戦略的ストレージ階層の仮想化とデータ自動化によって顧客を助けるよう設計されている」と語った。

シスコとIBMは15年にわたって協力、世界の2万5000以上の顧客に合同ソリューションを提供してきた。シスコとIBMは現在、ビッグデータ、ビジネス分析、クラウド、コラボレーション、データセンター、インターネット・オブ・シングス(IoT)、ソフトウエア定義ネットワーク(SDN)など多数の顧客機会をめぐってコラボレーションを進めている。

▽ハイライト
*VersaStackソリューションは、Cisco UCS Integrated Infrastructureが持つ性能と革新性をIBM Storwize(リンク )V7000ストレージ・システムと一体化し、IT向けにより応答性のよいモデルを提供する。

*Cisco Unified Computing System(TM)(リンク )(Cisco UCS)、"ACI-Ready" Cisco Nexus(R)(リンク )、Cisco MDS switches(リンク )、UCS Director(リンク )を一体化したCisco UCS(R)Integrated Infrastructure(リンク )は、アプリケーション展開を加速し、ビジネス変化への適応能力を向上させることが可能となる。

*IBM Storwize V7000は、Data Virtualization、Real-time Compression、Easy Tierなどの組み込み機能によってバーチャル環境を補完および強化する技術を含んでおり、並外れた性能および効率性の実現を目指してリアルタイム利用パターンに基づいてティア間でデータを自動的に移行する。

*初期のVersaStackソリューションは、データセンター、プライベート・クラウド展開のほか大規模な商業およびエンタープライズ顧客向けのビッグデータおよび分析を対象としている。シスコとIBMは今後、追加のレファレンス・アーキテクチャーの導入を目指している。

*VersaStackプラットフォームはCisco Validated Design(CVD)レファレンス・アーキテクチャーに基づいており、チャンネル・パートナーおよび顧客が迅速かつ大きな自信を持ってアプリケーションを提供することが可能になるとともに、リスク軽減にも役立つ。

*VersaStackソリューションは、シスコ・データセンター技術およびIBM Storwizeストレージ・システムの経験を有する認定ビジネス・パートナーを通じて世界中で販売される。

*IBM Global Technology Servicesは、メンテナンスを通じた戦略の観点からサービスを提供する。ソリューション・サポートサービスはシスコ、IBM、認定ビジネス・パートナーが提供する。

*IBM Global FinancingとCisco Capital(R)はそれぞれ、ハードウエア、ソフトウエア、サービスを含めVersaStackソリューションのあらゆる側面およびコンポーネントに対して全面的な資金提供を行う。簡略化された支払いオプションを通じて、顧客は投資収益率を向上させるとともにITライフサイクルを管理することができる。

▽追加情報
*VersaStackソリューションに関するシスコとIBM幹部の説明を閲覧する(リンク )。

*シスコのブログ「Things Channel Partners Need to Know About VersaStack(チャンネル・パートナーがVersaStackに関して知る必要があること)」(リンク )に目を通す。

*Avnetのブログ「How Avnet Partners Can Benefit from Cisco and IBM's New VersaStack Solution(Avnetパートナーは、シスコおよびIBMの新たなVersaStackソリューションでどのような恩恵を受けるか)」(リンク )に目を通す。

*VersaStackソリューションに関する詳細はシスコのウェブサイトリンク を参照。

▽シスコ(Cisco)について
シスコはITの世界リーダーであり、これまでコネクティッドされていないものにコネクトすれば素晴らしいことが起きることを実証することによって、企業が未来のチャンスをつかむことを支援する。最新ニュースについてはウェブサイトリンク を参照。

▽IBMについて
IBMに関する詳細はウェブサイトwww.ibm.com を参照。IBM Storageに関する詳細はウェブサイトwww.ibm.com/storage を参照。またTwitter @ibmstorage でIBMのフォローを。

▽問い合わせ先
Mike Zimmerman
IBM Media Relations
+1-914-766-4935
mrzimmerman@us.ibm.com

Gareth Pettigrew
Cisco Public Relations
+1-250-240-0638
gpettigr@cisco.com

Cisco、Ciscoロゴは、米国およびその他の国におけるCiscoおよび/またはその関連会社の商標ないしは登録商標である。ここで言及した第3者の商標はそれぞれ所有者の財産である。パートナーという用語の使用は、Ciscoとその他の企業とのパートナーシップ関係を意味するものではない。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Storwizeは世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標である。その他の製品およびサービスの名称はIBMないしはその他の企業の商業の可能性がある。現時点でのIBMの商標リストについてはウェブサイトwww.ibm.com/legal/copytrade.shtm を参照。

(注1)IDC, Worldwide Integrated Systems 2014-2017 Forecast, March, 2014

ソース:IBM

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事