logo

Agile2015での講演申し込みの受け付けを12月7日から開始 Agile Alliance

Agile Alliance 2014年12月05日 09時27分
From 共同通信PRワイヤー

Agile2015での講演申し込みの受け付けを12月7日から開始 Agile Alliance

AsiaNet 58860(1354)

【ポートランド(米オレゴン州)2014年12月4日PRN=共同通信JBN】Agile Alliance(リンク )はAgile Allianceの世界会議であるAgile2015(リンク )の「講演申し込みの呼び掛け」に応えるようにアジャイル開発のリーダーに要請した。会議での講演の申し込みは、米東部標準時12月7日午前0時1分から開始される。

 Logo - リンク

Agile2015会議のポール・ハモンド議長は「Agile2015会議は、知見と経験を世界的な舞台で共有する素晴らしい機会である。昨年の会議には1950人の企業幹部、マネジャー、ソフトウエア開発者、研究者が世界40カ国から参加し、定評ある専門家、執筆者、イノベーターの意見を聞いた。プレミアイベントで講演するのは激しい競争となる。発言したい提案があるアジャイリストは早急に申し込んでもらいたい」と語った。

会議での講演申し込みは、包括的な相互評価プロセスを経て選択される。

講演希望者は16ある会議テーマを慎重に精査し、講演で提案するトピックに最も近いテーマに申し込むことが推奨される。テーマは小規模チームから始める秘訣から、長年の経験に基づく高度なエンタープライズ戦略まで、アジャイル開発のあらゆる面を対象とする。ことしの新味は「Agile in Government」向けの特別テーマである。

Agile Alliance世界会議は14回目の開催となるが、ソフトウエア開発におけるアジャイル方法論に関する有力かつ国際的な非営利会議である。Agile会議はすべて、コネクティングとシェアリングを中心に据えている。参加者は、その多くがアジャイル分野の同業者や最先端のリーダーと出会うため毎年参加している。関係を育み、サポートを受け、知見を習得することで、個人的成功や業界の総体的進歩の両方を助長する濃厚かつ長続きする体験が得られる。会議はオープンで興味をそそるものであり、実世界のアジャイル実装に基づく革新的なアイデアを育成する。

Agile Allinaceの会議に出席したことがある誰もが「これこそが会議運営のあるべき姿である」との感想を語っている。

以下をシェア:#agilealliance年次会議での講演申し込みは現在受け付け中である。

会議での講演を申し込むにはリンク をクリック。

申し込みは2015年2月22日まで受け付ける。詳細は会議ウェブサイトリンク を参照。

▽Agile Allianceについて
Agile Alliance(リンク )は、アジャイル宣言(Agile Manifesto、リンク )で説明しているように、アジャイルソフトウエア開発の概念を推進する非営利組織である。Agile Allianceは世界で1万5000のメンバーおよび支持者を擁し、アジャイル方法論、およびそれが開発者、組織、エンドユーザーにもたらす価値によって推進されている。Agile Allianceは世界中の専門家、学者、企業、ベンダーパートナーのコミュニティーメンバーが参加するAgile Conferenceを開催する。Agile2015会議は2015年8月3日から8日までワシントンで開催される予定。

▽Agile Allianceの報道関係問い合わせ先
Phil Brock, Agile Alliance managing director
+1-503-554-8230
phil.brock@agilealliance.org

ソース:Agile Alliance

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。