logo

LITALICO、学校教員向けSNS「SENSEI NOTE」を運営する株式会社LOUPEへ出資

株式会社LITALICO 2014年12月05日 08時00分
From Digital PR Platform


「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障がい者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥)は、小・中・高校の先生向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「SEINSEI NOTE」(リンク )を運営する株式会社LOUPE(本社:東京都目黒区、代表取締役:浅谷治希)に出資を行いました。

LOUPEが運営する「SENSEI NOTE」は今年3月末にサービスを開始した小・中・高校の先生向けSNSです。授業の進め方や生徒指導の悩みなどの相談を登録している全国の先生に対して行えるサービスで、現在までに約8,000名が登録、うち7割が月に1度以上サービスを利用するアクティブユーザーで、質問への回答率は約98%と、活発なコミュニティを形成しています。

当社では、発達に課題のある子ども向けの幼児教室・学習塾「Leaf」や、最新のデジタルツールを活用したものづくりを学ぶ学習塾「Qremo」を通して、子ども一人ひとりの特性や関心に対応した教育事業に注力しています。子どもの成長に重要な学校教育の現場で、子どもたちと向き合う先生同士の横のつながりと情報交換を促進する「SENSEI NOTE」の事業に共感したことから、今回のLOUPE社への出資を決定いたしました。

学校の先生方が「SENSEI NOTE」を利用することで、生徒指導等で生まれる不安や心配を解消し、よりよい教育を行っていただきたいと考えるとともに、発達に課題のある子どもへの対応や指導方法を学んでいただくツールとしても有用なサービスと捉えており、今後、より多くの先生方にサービスを利用していただけるよう、出資による支援を行います。

当社は、教育・就労に関する障がい者への直接のサービス提供に加え、この度の出資により、当事者を取り巻く人たちへの知識提供なども視野に入れた活動に取り組んでまいります。

【LOUPEについて】
2013年2月14日に法人設立。ミッションは「人の可能性の拡大」。小中高の先生向けSNS「SENSEI NOTE」と先生向けのイベントまとめ「SENSEI PORTAL」を開発・運営しています。詳細は リンク をご覧ください。
SENSEI NOTE: リンク
SENSEI PORTAL: リンク

【LITALICOについて】
LITALICOは、2005年12月設立以来、日本における社会問題としての「障がい者雇用」分野に着目し、一法人としては全国最多となる全国44拠点(2014年12月時点)で事業所を展開しています。企業向けの障がい者雇用支援から始まった事業は、現在では障がい者向け職業訓練事業、そして障がい者の家族向け事業や教育事業など、その領域を広げています。学習教室「Leaf」を首都圏32箇所(2014年12月時点)で開校しているほか、2014年4月に、IT・ものづくり教室「Qremo」を東京・渋谷にオープンしました。詳細はリンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。