logo

BODW2014はアジアのデザインの新しいきざしを紹介する

香港デザインセンター 2014年12月04日 14時25分
From 共同通信PRワイヤー

BODW2014はアジアのデザインの新しいきざしを紹介する

AsiaNet 58826 (1347)

【香港2014年12月4日PRN=共同通信JBN】香港デザインセンター(Hong Kong Design Centre、HKDC)が毎年開催しているフラグシッププログラムのBusiness of Design Week(BODW)には、世界中から100人を超えるデザイン専門家と有力なビジネスリーダーが一堂に集まる。BODWは12月4日に開幕し同6日まで香港コンベンション&エキシビションセンターで行われる。BODWは革新的アイデア、ネットワーク作りの機会、ビジネスコラボレーションの価値あるプラットフォームを形成するため、一連の会議や同時並行的な支援プログラムを提供する。

一週間にわたるBODWの開会には以下の著名人が参加する。香港特別行政区の梁振英行政長官、スウェーデンのメフメット・カプラン住宅・都市開発担当相、香港デザインセンターのビクター・ロー会長、香港貿易発展局のマーガレット・フォン長官、香港デザイン協会連合会のフリーマン・ラウ事務局長、香港デザイナー協会のケビン・ユン会長、香港インテリアデザイン協会のアントニー・チャン会長、デザイナー公認協会(CSD)のアレックス・リー代表。

▽主題会議
BODW2014では、アジアにおけるデザイン、ブランド、イノベーションを通じ地域のオーディエンスを啓発するため14の会議が設けられる。著名な講演者には本年度プリッカー賞受賞者の坂茂氏とクリス・バングル、マルガレータ・バンデン・ボッシュ、レム・コールハース、ドン・ノーマンの各氏が含まれている。香港デザインセンターのビクター・ロー会長は「ことしのBODWでは開催期間を通じて強力な基調講演者、ビジネス、クリエーティブマインドがそろっている。知識の共有と交流が活気あふれるものになるのは間違いない」と語った。

▽Living Design
スウェーデンとの提携10周年を記念して、「Living Design: Live It, Work It, Wear It, Do It」が開催される。スウェーデンの住宅・都市開発担当相のメフメット・カプラン氏はBODW2014が「香港、スウェーデンそして世界の持続可能な経済発展を促進する新しいアイデア、新製品、ニュービジネスチャンスへの扉を開くことになるだろう」と考えている。

▽DFA Awards 2014
DFA Lifetime Achievement Award(DFALAA)、Design Leadership Award(DLA)、World's Outstanding Chinese Designer(WOCD)各賞の受賞者は、デザインの卓越性とリーダーシップを顕彰するため12月5日のBODWガラ夕食会で各賞を授与される。Design for Asia Awards とHong Kong Young Design Talent Award(HKYDTA)の授与式は12月3日に行われ、Inno Design Tech Expoの一環として行われるDFA Awards Exhibitionは受賞作品を紹介するため、12月4日から6日まで開催される。「The Design for Asia - DFA Awards 2014」の出版物も販売される。

▽DETOUR2014
BODW2014と並行して開催される行事のひとつDETOUR2014は、有能な若者と新進デザイナーの活発なネットワークを創りだすべく香港全市をクリエーティブなベンチャーを称えるのに結びつけようと、香港デザイン複合施設のPolice Married Quarters (PMQ)と香港デザインセンターが協力して努力した成果である。これによって社会のためのデザインへの認識を高め、アジアにおける香港の成長するデザインのきざしを強化する。

▽BODWプログラム・ウェブサイト
BODW2014: リンク
DFA Awards 2014: リンク
DETOUR2014: リンク

Photo Download: リンク

▽報道関係問い合わせ先
Hong Kong Design Centre
Elina Lee
Tel: +852-3793-8495
Fax: +852-2892-2621
Email: elina.lee@hkdesigncentre.org

ソース:Hong Kong Design Centre

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事