logo

Linux Foundation、2015年イベントスケジュールを発表

Linux Foundationのイベントには、各種の大規模オープンソースプロジェクトで働く開発者やITユーザーのグローバルコミュニティが集結

San Francisco, Dec 4, 2014 - ( JCN Newswire ) - Linuxの成長とコラボレーティブ開発の推進を専門とする非営利団体のLinux Foundationは、2015年のイベントスケジュールを本日発表しました。これには、北米とヨーロッパでのLinuxConおよびCloudOpen、Linux Foundation Collaboration Summit、Embedded Linux Conference、Android Builders SummitおよびApacheConの他、2015年の新イベント、オープンソースストレージおよびファイルシステムカンファレンス、Vault、および急速に拡大しているコンテナ業界に注目したContainerConがあります。

我々は現在、2015年イベントの講演プロポーザルを受付中です。今後開催されるCFPの締め切りは、Vault (12月7日)、Collaboration Summit (12月8日)、Android Builders Summit (1月5日)、Embedded Linux Conference (1月9日)、ApacheCon North America (2月1日)、Automotive Linux Summit (2月10日)、LinuxCon + CloudOpen Japan (2月12日)です。プロポーザルの提出先は リンク です。

ソフトウェアの構築方法は変化しています。調査会社のForresterによれば、現在の開発者の84%はオープンソースソフトウェアに依存しています。[1] 技術を加速化し、イノベーションを推進するために、オープンソースソフトウェアとコラボレーティブ開発を使用する企業が増えています。2015年にLinux Foundationは、このような移行の最先端にいる世界最高の開発者、IT専門家、および企業が集結し、オープンソースの最新トレンドについて扱うイベントの種類を増やす予定です。Linux Foundationイベントは、企業が、エンタプライズ、ネットワーク、組み込み、IoT、クラウドインフラなどの重要なオープンソースソフトウェアプロジェクトすべての保守者や開発者と出会うことのできる中立的な場所です。

「今後の最大のイノベーションに向けてコラボレーションを行うために、一流の開発者やIT人材が集まる中立的なフォーラムを開催することは、我々がコミュニティと業界のために行うことのできる重要な施策です。」と、Linux Foundation CMO兼開発者プログラムVPのAmanda McPhersonは述べました。「Linuxおよびオープンソースが多くの業界に拡大したことに合わせて、業界の需要に対応するために、我々はイベントのサイズと多様性も増大し続けていく予定です。2015年のイベントにぜひ参加して、他に類を見ない学習、イノベーション、コラボレーションの機会をご活用ください。」

LinuxCon + CloudOpen North Americaは今年シアトルで開催され、同じ会場ですべての新しいContainerCon (特にKVM Forum、Linux Plumbers Conference、#MesosCon、Xen Project Developer Summitなど)も共催されます。LinuxCon and CloudOpen Europeはアイルランドのダブリンで開催され、Embedded Linux Conferenceなどのイベントも共催されます。

Linux Foundationの2015年イベントスケジュール

- Linux Foundation Collaboration Summit
2015年2月18~20日、米国カリフォルニア州サンタロサ、ハイアット・サンタロサ
イノベーションのみを扱う専門サミットで、コアカーネル開発者、配信保守者、ISV、エンドユーザー、システムベンダなどのコミュニティ団体が参加し、現在Linuxが直面しているもっとも緊急な課題の解決に役立つセッションと作業部会ミーティングを実施します。

- Linux Storage, Filesystem and MM Summit
2015年3月9~10日、米国マサチューセッツ州ボストン、Revere Hotel
Linuxストレージ、メモリ管理、およびファイル システムスタックの仕事をしている開発者と研究者の参加する招待者限定イベントです。

- Vault - NEW
2015年3月11~12日、米国マサチューセッツ州ボストン、Revere Hotel
2015年の新イベントのVaultは、Linux Storage, Filesystem and MM Summitと同じ会場で開催され、誰でも参加できる一般向け技術コンファレンス会場で、ファイル システムやストレージのイノベーションをリードしている開発者の専門知識について扱います。

- Android Builders Summit + Embedded Linux Conference North America
2015年3月23~25日、米国カリフォルニア州サンノゼ、サンノゼ・マリオット
Android Builders SummitはOEM、そのデバイスメーカー、インテグレータ、カスタムビルダーの他、増大するAndroidおよびLinux Kernel開発者コミュニティを対象とする技術サミットです。

今年11周年を迎えるEmbedded Linux Conferenceは、組み込み製品にLinuxを使用している企業と開発者向けの、ベンダ中立的な技術コンファレンスです。今年のテーマは『無人機、モノおよび自動車』で、モノのインターネット(Internet of Things)、商用無人機、および自動車品位のLinuxを専門に扱うトラックがあります。

- ApacheCon
2015年4月13~17日、米国テキサス州オースティン、ハイアット・オースティン
ApacheConは、技術の将来のあり方を決め、新世代ソフトウェア開発を代表する作業を進めるために、100以上のApache Software Foundationプロジェクトコミュニティや、複数セクタの他のオープンソースプロジェクトがひとつの会場に集まる唯一の専門イベントです。現在もっとも注目されているオープンソースプロジェクトのいくつか(たとえばCassandra、Cordova、CloudStack、CouchDB、Geronimo、Hadoop、Hive、HTTP Server、Lucene、OpenOffice、Struts、Subversion、TomcatなどのApacheプロジェクト)について、コラボレーションを主催します。今年のApacheConではまた、参加者向けに専門CloudStack Dayも貝追します。

- Automotive Linux Summit
2015年6月1~2日、東京、椿山荘会議場
Automotive Linux Summitでは、システムエンジニア、Linuxエキスパート、研究開発管理者、企業幹部、法律およびコンプライアンス専門家、コミュニティ開発者などの自動車およびオープンソースの革新的なアイデアが一堂に会します。

- LinuxCon Japan + CloudOpen Japan
2015年6月3~5日、東京、椿山荘会議場
LinuxCon Japanはアジアでは第一級のLinuxコンファレンスで、コア開発者、管理者、ユーザー、コミュニティ管理者、業界エキスパートなどユニークな顔ぶれがそろいます。
CloudOpen Japanでは、現在のクラウドおよびビッグデータエコシステムを推進するオープンソースプロジェクト、製品、および企業や、従来のオープンソースの世界のベストプラクティスなどについての情報が集まります。

- LinuxCon North America + CloudOpen North America + ContainerCon
2015年8月17~19日、米国ワシントン州シアトル、シェラトン・シアトル
LinuxConは北米ではトップクラスの年次技術コンファレンスで、開発者、システム管理者、DevOps専門家、企業幹部などが参加し、Linux関係者向けのコラボレーションや学習の会場も設けられます。

CloudOpenでは、現在のクラウドおよびビッグデータエコシステムを推進するオープンソースプロジェクト、製品、および企業などについての情報が集まり、従来のオープンソースの世界のベストプラクティスを共有します。

Linux Foundationはまた、今年のLinuxCon + CloudOpen North Americaと併せて新しいコンファレンスのContainerConを開催します。このイベントでは、継続的なイノベーションと教育への道を形作るために、Linuxコンテナ、Linuxカーネル、および関連プロジェクトに特に貢献している人々が集まります。ContainerConには、Docker、LXCおよびコンテナ管理システムなどのコンテンツが含まれています。

- #MesosCon
2015年8月20~21日、米国ワシントン州シアトル、シェラトン・シアトル
#MesosConは、Apache Mesosに関連するコラボレーションの拡大を促進するイベントで、ユーザーや開発者が参加して学習と共有を行いながら、プロジェクトのエコシステムの成長を速めます。

- LinuxCon Europe + CloudOpen Europe + Embedded Linux Conference Europe
2015年10月5~7日、アイルランド、ダブリン、Convention Centre Dublin
LinuxCon Europeには、開発者、システム管理者、DevOps専門家、企業幹部などのヨーロッパのLinux関係者が集まり、Linux関係者向けのコラボレーションや学習の会場も設けられます。今までの開催地には、プラハやバルセロナなどがあります。

CloudOpen Europeでは、現在のクラウドおよびビッグデータエコシステムを推進するオープンソースプロジェクト、製品、および企業などについての情報が集まり、従来のオープンソースの世界のベストプラクティスを共有します。

今年11周年を迎えるEmbedded Linux Conference Europeは、組み込み製品にLinuxを使用している企業と開発者向けの、ベンダ中立的な技術コンファレンスです。

ApacheCon Europe、Korea Linux ForumおよびLinux Kernel Summitの日付と場所は、間もなく発表されます。

Linux Foundationの全イベントについて詳しくは リンク をご覧ください。

追加資料

-- 動画: The Linux Foundation Event Experience: リンク
-- Twitter: Linux Foundationイベントのプロモーション、割引、および最新情報は リンク をフォローしてください。
-- Google+: リンク
-- Facebook: リンク

Linux Foundationについて

Linux Foundationは、Linuxの成長とコラボレーティブなソフトウェア開発を推進するための専門の非営利コンソーシアムです。Linux Foundationは、2000年に設立され、Linuxの創始者Linus Torvaldsの業績に対するスポンサー活動を行い、会員企業・団体とオープンソース開発コミュニティのリソースを結集して、Linuxオペレーティングシステムとコラボレーティブソフトウェアの宣伝、保護、推進などを行っています。Linux Foundationはコラボレーションと教育のための中立的フォーラムで、コラボレーティブプロジェクトや、LinuxConなどのLinuxコンファレンスを主催し、Linuxおよびコラボレーティブソフトウェア開発の理解を進めるための、独自のLinuxリサーチやコンテンツ作成を行っています。詳しい情報は www.linuxfoundation.org リンク をご覧ください。

The Linux Foundation、Linux Standard Base、MeeGo、TizenおよびYocto Project は、The Linux Foundationの商標です。OpenDaylightはOpenDaylight Projectの登録商標です。OpenBELはOpenBEL Consortiumの登録商標です。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。Apache、Apache Cassandra、Apache Cordova、Apache CloudStack、Apache CouchDB、Apache Geronimo、Apache Hadoop、Apache Hive、Apache HTTP Server、Apache Lucene、Apache OpenOffice、Apache Struts、Apache Subversion、Apache Tomcat、Cassandra、Cordova、CloudStack、CouchDB、Geronimo、Hadoop、Hive、HTTP Server、Lucene、OpenOffice、Struts、Subversion、Tomcat、およびApacheConは、米国およびその他の国でApache Software Foundationの商標または登録商標です。他のすべてのブランド名および商標名は、それぞれのオーナーの所有物です。

[1] ZDNet、2014年10月29日 リンク

Dan Brown
+1-415-420-7880
dbrown@linuxfoundation.org

概要:The Linux Foundation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。