logo

アエロフロート アジアカップ 2014~授賞式をオールド・トラッフォード(マンチェスター)で実施~

アエロフロート PR事務局 2014年12月03日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月3日

アエロフロート・ロシア航空


アエロフロート アジアカップ 2014
授賞式をオールド・トラッフォード(マンチェスター)で実施


 この度、アエロフロート主催によるフットサル国際大会「AEROFLOT ASIA CUP 2014(アエロフロート アジアカップ 2014)」を9月6日(土)から4カ国で開催いたしました。対象国は日本、ロシア、中国、韓国の4カ国で、各国の将来を担うであろう大学生チーム30チームを対象に実施されました。9月6日(土)のロシア・ウラジオストック大会、翌7日(日)の東京大会を皮切りに、中国の北京、上海、韓国のソウルと予選大会が順次開催され、これを勝ち抜いた各都市代表1チームが、香港で行われる決勝戦にて激突。
 香港で行われた決勝大会で優勝した慶応義塾大学のエルレイナを、アエロフロートがオフィシャルキャリアをつとめるマンチェスター・ユナイテッドのホームゲーム観戦ツアーに招待。11月30日のハル・シティ戦ハーフタイムにホームスタジアムであるオールド・トラッフォードのピッチ上で表彰式を行い、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである、ガリー・パリスター氏からトロフィーが授与されました。
 エルレイナの選手はトレーニング・セッションにも招待され、マンチェスター・ユナイテッドのサッカースクールコーチ陣の他、レジェンドのデニス・アーウィン氏も参加しました。
 アエロフロートはマンチェスター・ユナイテッドとサッカー・ロシア代表チームのオフィシャルキャリアであるとともに、国際的なスポーツ大会とのスポンサー契約をするなど、スポーツの発展を応援しています。アエロフロートではこうした取り組みを通じて、日本国内やひいてはアジア圏でのブランディングを加速させていきたいと考えておりますので、今後ともご期待ください。

<アエロフロートについて>
アエロフロート・ロシア航空はロシアのフラッグシップキャリアで、ヨーロッパで最大の航空会社グループです。
創業90周年を迎えた2013年には、アエロフロートの搭乗者数はロシアでも最大の2,090万人(子会社を含めたグループ全体では3,140万人)に達しました。アエロフートはグローバルなスカイチーム加盟航空会社の一員として、パートナーと協力して178カ国、1,000を超える都市にフライトを就航させています。機体は、エアバス、ボーイング、スホーイから構成される平均機体年齢3.9年の、欧州の航空会社のなかで最も近代的で、最先端の152機で運航しており、高い安全性を誇ります。なお、世界的に認められている安全評価基準の外国航空機安全性評価査定(SAFA)においては世界基準の指数を獲得。そしてロシアでは、どの航空会社よりも先に国際航空運送協会(IATA)の国際運航安全プログラム(IOSA)の認証を受け、2013年には5回目の更新を受けています。また、IATAが定める地上サービス安全監査プログラム(ISAGO)に昨年無事に認証されており、ISO9001:2008も認証されています。2013年6月には、スカイトラックス社より東欧のベスト・エアラインとして3度目の賞を授与されました。アエロフロートは現在、成田発モスクワ便を1日1便運航中。詳しくはwww.aeroflot.comをご覧ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。