logo

DDRデバック・ツールキットによる DDR設計サイクル全体のテスト、デバック、解析ツールを提供

JEDECコンプライアンス・テストを超えて設計を加速するDDR解析ツール

チェストナッツ・リッジ, NY, 2014年12月3日-テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社(東京都府中市、代表取締役社長:原 直)は本日、DDR2/3/4およびLPDDR2/3信号の完全な物理層解析向けDDR デバック・ツールキットを発表します。現在市場に出ているほとんどのオシロスコープ・ベースのDDR物理層テスト・ツールはJEDECコンプライアンス・テストをおこなうことのみを目的としています。一方、デバック・ツールキットはDDR設計の全サイクルにおけるテスト、デバック、解析ツールを提供し、究極のDDRデバック解析パッケージです。DDR デバック・ツールキットは開発期間を短縮できる業界初のシンプルなDDRテストを多数含んでいます。ボタンひとつでReadとWriteバーストは切り分けられ、それぞれのEyeパターンがリアルタイムで表示されます。これをみることでシステムのパフォーマンスを迅速に把握することが出来ます。従来のシリアル・データ・ツールでは解析できなかったDDRのバースト信号向けに特別にデザインされたジッタ解析ツールによって問題の根本原因を容易に同定出来ます。DDR仕様で規定された様々な計測パラメータがこのツールキットに組み込まれており、システム・パフォーマンスの量的な解析を容易にします。4つの異なる計測シナリオにわたって同時に全DDR解析が実施出来、システム・パフォーマンスを深く理解する事が可能になります。DDRテストの効率を劇的に改善し、迅速に結果を得ることが出来ます。

【DDRテストの新しい方法】
最大10のEyeパターンを同時に描画出来る能力がある為、システム開発を行う際にパフォーマンスを高いレベルで一望できます。複数の計測シナリオ解析能力によりシステムやデバイスのチューニングや最適化に最適です。組み込まれた計測機能によりプリ・コンプライアンス・テストの為の特性評価ベンチマークを提供します。JEDEC規格に沿ったテスト項目に対して、この解析ツールはマージンテストを実施し、コンプライアンス・テスト時における不適合のトラブルシュートを行うことが出来ます。さらにDDRデバック・ツールキットはフル・コンプライアンス・テストを必要としない場合の代替のの自動DDRコンプライアンス・テスト・パッケージを提供します。

【DDRテスト・ソリューションを全範囲にわたり完全にカバー】
テレダイン・レクロイは物理層評価からプロトコル・テストのデバックまでをカバーする完全なDDRテスト・ソリューションを提供します。QualiPHYはDDR2/3/4およびLPDDR2/3の自動物理層テストを提供するコンプライアンス・フレームワークです。DDR デバック ツールキットはDDR設計サイクルのどの過程においても本質的な理解をもたらします。プロトコル・アナライザのKibraシリーズはDDR3とDDR4両方をサポートする初の単体DDRプロトコル・アナライザです。これらはコンプライアンス解析と同時にフル・プロトコルおよびパフォーマンス解析の機能を提供します。

【オーダー・インフォメーション】
DDR3-TOOLKIT DDR2/3/4およびLPDDR2/3信号の物理層解析用DDRデバック・ツールキット


【Teledyne LeCroy Inc.について】
Teledyne LeCroy Inc. は最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。Teledyne LeCroy Inc.が提供する高性能のデジタル・オシロスコープおよびシリアル・データ・アナライザ、多くの分野の電子設計技術者に幅広く利用されています。Teledyne LeCroy Inc.はニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置いています。詳細については、ウェブサイト(リンク)をご参照ください。
なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。


【この発表に関する問い合わせ先】
テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@teledynelecroy.com
http:// teledynelecroy.com/japan/

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事