logo

寒くて熟眠できない冬も「快眠予報」でスムーズに深い眠りを!

味の素株式会社 健康ケア事業本部 2014年12月02日 16時48分
From Digital PR Platform


快眠対策に役立つと好評いただいている味の素KK「快眠予報」サイト(リンク)が、冬版として5段階指数にバージョンアップします。冬はぐっすり眠れる・・・と思っても、寒さや冷えから実は熟睡感(深い眠り)が得られないことが多くあります。特に女性は冷え症などにより、“寒くて眠りにくい”ということも。寒くて体調を崩しやすい冬こそ、「質の高い睡眠」をしっかりとって、体調を管理しましょう。
冬に睡眠の質を向上させるポイントは、「体温管理」です。寒くて縮こまったカラダを温める環境づくりと、入眠時に手足から熱を逃して深部体温をスムーズに下げることが重要です。就寝時に保温できるジェルなどで首の裏や背骨まわりを温めたり、足湯で足先の血行を促進することにより、深部体温を下げるための放熱をスムーズにすることが有効です。また、寝具を冬用に衣替えすることも、スムーズな眠りにつきやすくなります。


【「快眠予報」は、冬の指標を追加して5段階指数で毎日表示!】
味の素KK「快眠予報」サイト( リンク )は5段階表示で冬の快眠対策コンテンツが追加されます。
・予報の目安に「寒くてかなり眠りにくい」「少し寒くて眠りにくい」を追加し、 5段階で表記
・快眠対策に「冬編」の専門家アドバイスを追加
・冬の睡眠のための環境:理想的な環境は温度16~19℃、湿度 50~60%

<快眠予報とは?>
毎日、全国12地域(札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、石川、広島、高知、福岡、鹿児島、沖縄)の快眠具合を予報しているほか、快眠のための対策を紹介していますので、ぜひ毎晩の快眠のためにご活用ください。
監修 早稲田大学スポーツ科学学術院教授/睡眠医療専門医師 内田直先生
   快眠セラピスト、 睡眠環境プランナー 三橋美穂先生


【質の良い睡眠をとる味方 アミノ酸“グリシン”について】
味の素(株)は、アミノ酸“グリシン”を摂取することで、深い眠りに就き、「睡眠の質」を改善し、疲労感を軽減する効果があることを発見しました。就寝前に摂取すると、身体をしっかり休めさせ、朝スッキリと起床することができます。 アミノ酸“グリシン”は、天然の食品、特にエビやホタテなどの魚介類に多く含まれています。

<特長>
1.体内の体温リズムを整えて、自然で深い睡眠をもたらします。
2.朝の目覚めをすっきりさせ、日中の眠気や疲労感が軽減し、日中の作業効率もアップします。
詳しくは、味の素KK 「あなたの悩みを解決!いきいき健康研究所」をご覧ください。
URL: リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事