logo

玄関に行けば降水確率を声でお知らせするiPhoneアプリ「そら用心」をリリース ~専用の家庭向けiBeaconデバイスも同時販売開始~

ビーコンに反応して降水確率を教えてくれるiPhoneアプリ「そら用心」がリリース。玄関に行くだけでiPhoneを起動せずとも外出前に雨が降るかどうかが分かる。昨今脚光を浴びているiBeacon技術を家庭向け用途で使用する国内初のアプリ。同時に専用iBeaconデバイス「そらビーコン」も販売開始する。

株式会社フィードテイラー(大阪市北区、代表取締役 大石裕一。以下、当社)は、iOSに搭載されたiBeacon機能と気象情報を組み合わせた降雨予想自動通知iPhoneアプリ「そら用心」を2014年12月2日にAppStoreより提供開始したことを発表致します。昨今脚光を浴びているビーコン技術の一種で、iOSに搭載されているiBeacon技術を家庭向けに応用した国内初の本格的なアプリとなります。

そら用心は、従来のiPhoneアプリとは一線を画す「特定の場所へ行くだけで勝手に降水確率をお知らせする」画期的なiPhoneアプリです。iPhoneのロックを解除する必要もアプリを起動して特別な操作を行う必要もありません(*1)。また、降水確率を音声と振動でお知らせするため、視覚や聴覚に障害をお持ちの方にもご利用いただきやすくなっています(*2)。

※1 自動的に通知を行うにはそらビーコンなどのiBeaconデバイスの設置が必要です。
※2 振動では一定以上の高さの降水確率があることだけがわかります。具体的な降水確率はお伝えできません。

例えば、iBeaconデバイスを玄関に設置しておくと、その電波に反応して「そら用心」が雨が降りそうかどうかを玄関で自動的にお知らせしますので、家からの外出時に傘を忘れることを防ぐことができます。

設置するiBeaconデバイスは市販されている任意のものを使用する事ができますが、本アプリと組み合わせて使用するのに最適な専用iBeaconデバイス「そらビーコン」を同時に特設サイトにて販売を開始致します。「そらビーコン」を使用すると、簡単に「そら用心」の設定を行う事ができ、簡単に雨が降るかどうかの通知を受け取れるようになります。

なお当社では、B2Bでの採用が目立つiBeacon技術は家庭内でも新しいユーザ体験を提供するという考えのもと、2014年よりiBeaconデバイスの一般家庭普及を促進する製品・サービスの研究開発を行っています。そら用心は、この研究成果の第一弾となります。2015年中に第二弾となるアプリの発表を予定しています。

■ iBeaconとは
米Apple社が2013年に発表した新しい位置情報サービスです。BLE (Bluetooth Low Energy) 信号を発するiBeaconデバイスを特定の場所に設置することにより、iPhoneで厳密な位置情報の特定が可能になります。 O2Oのシーンで多く利用されるようになりつつありますが、家庭向けにiBeaconの設置を勧めるサービスはそら用心が国内初の事例となります。 iBeaconについて、詳しくは米Apple社のサイト(リンク)をご覧ください。

■ そら用心の基本情報と特徴
[利用環境] iOS7.0以上、iPhone5以降推奨
[利用料金] 200円
[取得方法] リンク
からダウンロード。またはiTunesで「そら用心」のキーワードで検索
[特徴]
- iBeacon技術を利用
- iBeaconデバイスの電波に反応して雨が降りそうどうかを自動的に通知してくれる
- アプリを起動すると現在位置の直近24時間の降水確率を閲覧できる
[Webサイト] リンク

■ そらビーコンの基本情報と特徴
[販売価格] 特設サイト(リンク)に掲載
[購入方法] 特設サイト(リンク)から購入
[特徴]
- iBeaconの電波を発するデバイス
- 家庭内に設置しても違和感のないスタイリッシュなデザイン
- そら用心での設定を行い易い情報が埋め込まれたQRコードを印刷済み
- そら用心でのみしか使えない訳ではなく一般的なiBeaconデバイスとしても利用可能
[内容物]
- そらビーコン本体
- 簡易マニュアル
- 交換用電池(CR2450)

■ 本件に関するお問い合わせ先
info+sorayoujin@feedtailor.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。