logo

Vizuryがデータ管理プラットフォーム「Engage360」を日本向けに発売

Vizury 2014年12月02日 17時36分
From 共同通信PRワイヤー

Vizuryがデータ管理プラットフォーム「Engage360」を日本向けに発売

AsiaNet 58831 (1347)

【東京2014年12月2日PRN=共同通信JBN】日本で大手デジタルCRM企業であるVizury(ビイズリー)は先週東京で開催された宣伝会議サミット/デジタルマーケティング・フォーラム2014において同社のデータ管理プラットフォームEngage360を発表した。Engage360を使えば、マーケターは顧客データの力を最大限に引き出す能力をもつことができる。

(Logo: リンク

(Photo: リンク

Vizuryの製品担当副社長スブラ・クリシュナン氏は「今日、マーケターがデータをてことして使おうとした場合、3つの課題に直面する。第1に、オンライン、オフラインのさまざまなタッチポイントで生成された膨大かつ多様な顧客データに対処する必要がある。第2に、このデータを迅速に解釈し、すぐに実行に移せるインサイトを生成する必要がある。第3は、これらのインサイトを使って各種のデバイスおよびチャンネルを通して一貫しており、かつパーソナライズされたメッセージを作ることだ。Engage360はこれら3つの問題すべてに対処できる真のビジネス・ソリューションである」と述べた。

Vizury日本支社代表取締役社長の富松敬一朗氏は「Engage360がユニークであるゆえんは特に日本市場向けに設計されていることだ。Vizuryのモバイルファースト製品戦略を利用することで、マーケターはモバイルサイトおよびアプリケーションデータの両方を搭載することができる。さらに、モバイルも使うPCユーザーに向けてFacebookやTwitterで複数のデバイスを使ったマーケティングキャンペーンを打つことができる」と述べた。

▽「Engage360」をビジネスに役立てる方法
*フォーマットやサイズの異なるいかなるデータでも1つに統合できる。
*構造化データ、非構造化データ、xml、テキスト、ログファイル、API。力仕事はすべてVizuryの技術陣が引き受ける。
*Hive/Hadoopのデータ問い合わせより速く役に立つインサイトを提供する。
*PCおよびモバイルディスプレイ、アプリ内広告、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア、サイトパーソナライゼーション、電子メール、コールセンター、SMSなど多様なマーケティングチャンネル
*データ保護を保証するプライベート・データマネジメント・プラットフォーム(DMP)の提供
*機能のカスタマイズ、リポーティング、分析を行うためのマネージド・ソリューションおよびアビリティー
*キャンペーンを組み立て、管理するための使いやすいインターフェース

「Engage360」は電子商取引、旅行、自動車、銀行、保険、クレジットカードおよびテレコム業界の大手企業に最適である。インド、アラブ首長国連邦(UAE)、および中国で行われた試験テストでは、マーケターが行ったキャンペーンは1700%もの高い投資利益率を得た。

▽Vizuryについて
Vizuryはマーケターにパーソナライズされたマーケティングソリューションを提供することで、顧客生涯価値の最大化に貢献する。2008年創立のVizuryはインド・バンガロール(本社)、東京、デリー、北京、上海、広州、シンガポール、ジャカルタ、台北、ドバイ、ソウル、シドニー、サンパウロ、メキシコにオフィスがある。Vizuryは「デロイト・アジア太平洋地域テクノロジーFast500 2013」で6番目の急成長企業として表彰されており、アジアで最初に「FBX認定パートナー」および「ツイッター・リターゲティング・プラットフォーム・パートナー」になった企業の1社である。

LinkedIn:リンク
Twitter:@vizuryjapan(リンク

▽メディア問い合わせ先
Subra Krishnan,
+91-9880806681,
marketing@vizury.com

ソース:Vizury


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。